ポケット型WiFiレンタルのおすすめランキング!選び方や注意点も解説

3188 views

短期間だけポケット型WiFiを使いたいとき便利なレンタルサービス。 数多くのサービスが展開されていますが、料金や機種の違いなど比較するポイントが多く、どこで申し込めばいいか迷う方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、レンタルのポケット型WiFiを徹底比較! おすすめのサービスや選び方を詳しくご紹介していきます。 この記事を読めば、自分にぴったり合うレンタルのポケット型WiFiを見つけられます。 ぜひ最後までご覧になってください。

※この記事は2021年12月12日に作成されたものです。 現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

 

目次

ポケット型WiFiをレンタルするメリットとは?

メリット

まずはレンタルのポケット型WiFiのメリットを知り、自分に合ったサービスなのかチェックしてみましょう。 ポケット型WiFiをレンタルした時のメリットは、以下の3点になります。

○メリット

  • ・工事不要ですぐ利用できる
  • ・必要な期間だけ使える
  • ・費用を最小限に抑えられる

それぞれ詳しく解説していきます。

工事不要ですぐ利用できる

ポケット型WiFiは光回線などとは異なり、工事不要で使うことができます。 集合住宅など、工事の手続きが面倒な場合にも利用しやすいのが大きなメリット。 届いたその日にすぐ使い始められる手軽さも魅力です。

また、なかには最短当日に発送してくれるサービスもあります。 テレワークなどで急にインターネット回線が必要になった場合にも便利です。

必要な期間だけ使える

ポケット型WiFiのレンタルは、使いたい期間だけ借りることができます。 料金の支払いは使う期間だけで済むため、無駄な出費も抑えられるのが特徴です

端末は使用後返却するため、不要になったポケット型WiFiは手元に残りません。 なるべく物を増やしたくない方にもおすすめです。 返却方法も簡単で、郵便で本体と付属品を送るだけで返却できます。 なかには返却キットが同封されており、送るものを入れてポストインするだけで返却できるサービスもあります。

費用を最小限に抑えられる

ポケット型WiFiのレンタルは短期間だけ使う場合、購入した場合より費用を抑えられます。

○料金の特徴比較

 レンタル購入
基本料金1日単位で計算
(1ヵ月単位もあり)
1ヵ月単位で計算
端末代金無料レンタル2万円以上かかる場合もある。
解約違約金契約期間なしのサービスが多く、ほぼ発生しない。1~3年の契約期間がある。期間中解約すると1100円~2万円の違約金が発生。

特に数日間の短期利用ならレンタルが断然お得。 日割りで料金が決まるため、必要な期間だけのお金しかかかりません。

また、ポケット型WiFiを購入した場合、機種によっては2万円以上かかることもあります。 レンタルなら機種代が掛からないので、初期費用を抑えられるのは大きなメリットです。

レンタルサービスの多くは契約期間を設けておらず、解約時に違約金がかかりません。 対して、ポケット型WiFiを購入した場合、プランによっては1~3年ほどの契約期間があります。 期間中に解約すると1万円以上の違約金が発生することもあり、短期間での利用には向いていません。

ただし、購入した場合の方が月額料金で見ると安い場合が多く、年単位で使うなら短期レンタルサービスよりお得になります。

1年以内の利用ならポケット型WiFiのレンタル、それ以上使う予定なら購入するなど、自分の使う期間に合わせて選びましょう。

 

ポケット型WiFiのレンタルがおすすめの人

メリットの内容から、ポケット型WiFiは次のような方におすすめです。

  • ・短期間だけポケット型WiFiを使いたい人
  • ・料金や初期費用を抑えたい人
  • ・すぐにインターネット回線を利用したい人
  • ・不要になったものを手元に残したくない人

まとめると、短期間だけお得にポケット型WiFiを使いたい方はレンタルがおすすめです。 仕事で急に必要になった方や、光回線の工事までの繋ぎとしてほしい方はぜひ検討してみてください。

 

【1ヵ月単位】ポケット型WiFiレンタルおすすめランキング!

ここからは、ポケット型WiFiのおすすめランキングTOP3をご紹介していきます。 1ヵ月単位でレンタルできるポケット型WiFiを比較してみましょう。 プランは契約期間なしでデータ容量の大きいものを選出しています。

○ポケット型WiFiレンタル比較

 データ容量月額料金初期費用最大通信速度※2
縛られないWiFi上限なし※14,620円3,300円1.2Gbps※3
どこよりもWiFi100GB3,058円3,300円150Mbps
AiR-WiFi100GB3,608円※43,300円150Mbps
クラウドWiFi100GB3,718円3,300円150Mbps
MONSTER MOBILE100GB3,938円3,300円150Mbps
ゼウスWiFi100GB4,268円3,300円150Mbps
Chat WiFi200GB4,928円4,378円150Mbps
縛りなしWiFi90GB4,818円3,300円612Mbps

※1 混線回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。 ハイスピードプラスエリアモードでの通信速度制限(月間7GB超)が適用後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信そのものも制限対象となります。 ハイパースピードプラスエリアモードご利用時は7GB/月間です。  ※2各プランで借りられる機種の内、もっとも通信速度が速いものの最大値を記載しています。表記の数値はスペック上の最大値であり、実際の速度を表すものではありません。 ※3 ハイスピードプラスエリアモード(有料)、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時。 Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。 ※4契約期間なしオプション(月額330円)込みの料金です 

月額料金やスペック、データ容量を比較すると、「縛られないWiFi」「AiR-WiFi」「どこよりもWiFi」の3社がおすすめです。 それぞれの詳細を確認してみましょう。

1位:縛られないWiFi

縛られないWiFi

代表プラン名WiMAX ギガ放題プラン
月額料金4,620円
初期費用事務手数料:3,300円
回線au・WiMAX
データ容量上限なし
通信制限直近3日間で10GB以上データ通信を行うと翌日18時~深夜2時まで最大1Mbpsに制限
端末最大下り速度※11.2Gbps※2
契約期間なし

※1 表記の数値はスペック上の最大値であり、実際の速度を表すものではありません。 ※2 ハイスピードプラスエリアモード(有料)、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時。 Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。

長期間レンタルのおすすめ第一位は「縛られないWiFi」です。 1ヵ月単位のレンタルでは珍しく、WiMAXのポケット型WiFiを借りられるのが大きな特徴。 他社のポケット型WiFiでは最大下り速度150Mbpsが多いなか、WiMAXなら最大1.2Gbps(※2)と、端末のスペックが高めです。

また、直近3日間の制限はあるものの、月間のデータ通信量の上限が無いのも魅力。 制限がかかるのは翌日の18時~深夜2時までの間なので、昼間だけ使う場合は実質無制限での利用も可能です。 当日中は制限されないため、大容量データのやり取りもできます。 通信性能の高さを重視したい方や、日中のビジネスで使いたい方にもおすすめです。

通信速度や安定性が気になる方には、同プランでポケット型WiFiの代わりにホームルーターをレンタルすることも可能です。 ホームルーターはポケット型WiFiと比べると、持ち運びができない代わりにアンテナが強く、通信性能で勝ります。 自宅用として割り切って使う方は、ぜひホームルーターのレンタルも検討してみてください。

縛られないWiFiの最新キャンペーン情報

縛られないWiFiは、2022年10月時点で申し込むことで適用されるキャンペーン情報は特にありません。

そもそも縛られないWiFiはキャンペーンに力を入れておらず、どちらかといえば契約期間の縛りがない点や月額料金面に力を入れています。そのため、キャッシュバックキャンペーンなどの目立ったキャンペーンを実施することはそうそうありません。

最新キャンペーンをうまく活用したい方は、縛られないWiFi以外のキャンペーンに力を入れている契約先で契約することをおすすめします。

2位:AiR-WiFi

AiR-WiFi

代表プラン名サクッとプラン
月額料金3,608円※2
初期費用事務手数料:3,300円
回線クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク)
データ容量100GB/月
通信制限容量超過後は次月1日まで通信速度が概ね128kbpsに制限
端末最大下り速度※1150Mbps
契約期間1年

※1 表記の数値はスペック上の最大値であり、実際の速度を表すものではありません。 ※2 契約期間なしオプション(月額330円)込みの料金です。

月間100GBの大容量プランを検討している方におすすめなのが「AiR-WiFi」です。 本来は1年縛りがあるものの、有料オプションを付けることで契約期間なしになります。 オプション料金込みでも月額料金が安めで、お得にポケット型WiFiをレンタルできます

AiR-WiFiはプランを変えることで、3種類のポケット型WiFiを選べるのも特徴。 それぞれ通信性能に変わりはありませんが、ディスプレイ付きでデータ通信量が確認しやすかったり、軽量で持ち運びしやすかったりと特徴が異なります。 基本的にはもっとも料金の安い「サクッとプラン」がおすすめですが、気になる方は自分に合う機種を選んでみましょう。

AiR-WiFiの最新キャンペーン情報

AiR-WiFiでは2022年10月時点で、1カ月間無料でポケット型Wi-Fiがお試し利用できるキャンペーンを実施しています。

本来なら一度契約をしてしまうとそこでサービス利用が開始され、月額料金が請求されるようになってきます。しかし、AiR-WiFiには1カ月お試し利用できるキャンペーンに申し込むことができ、ほとんど負担を負うことなくポケット型Wi-Fiをお試しで利用することが可能です。

多くのポケット型Wi-Fiには契約期間の縛りがあり、途中で解約してしまうと契約違反で解約違約金が請求されます。もしサービスを利用していて不満に感じても、違約金のことを考えて気軽に解約できないといった方が多いです。

ですが、AiR-WiFiならその心配がいらないため、気軽に契約して気軽に解約できます。

3位:どこよりもWiFi

どこよりもWiFi

代表プラン名ピタッとプラン
シンプルスタンダード
月額料金100GB
初期費用事務手数料:3,300円
回線クラウドSIM(ドコモ・au・ソフトバンク)
データ容量上限なし
通信制限100GBを超過すると概ね128kbpsにされる。
端末最大下り速度※1150Mbps
契約期間2年

※1 表記の数値はスペック上の最大値であり、実際の速度を表すものではありません。

3位の「どこよりもWiFi」は、サービス内容に不満があれば、いつでもすべての負担を負うことなく解約できる点が特徴的です。本来なら契約期間中に解約すると違約金を支払う必要がありますが、どこよりもWiFiはサービス内容が不満だったということが原因で解約するなら、何の負担を追うこともなく自由に解約できます。

ただ、以前は従量課金制の柔軟性のあるプランでしたが、現在は100GBのみのプランとなっています。通信量超過の制限もゆるやかなものでしたが、100GBを超過すると概ね128kbpsほどの速さになってしまいます。

どこよりもWiFiはサービス内容に不満があれば負担なく解約できますが、初めから100GB以上のデータ容量を使う方や10GBや20GB程度しか使わない方であれば、他の契約プランを検討したほうがよいです。

どこよりもWiFiの最新キャンペーン情報

どこよりもWiFiの2022年10月時点でのキャンペーン情報は特にありません。

サービス内容に不満があればいつでも負担なく解約できる点については、元から実施されていることで、キャンペーンといった内容のものではないです。特別大きな月額料金割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを実施しているわけではないため、どこよりもWiFiには大きなキャンペーンがありません。

どこよりもWiFiは、キャンペーンを目的とした契約を考えていない方の利用がおすすめです。

【1日単位】ポケット型WiFiレンタルおすすめランキング!

数日~数週間だけポケット型WiFiを使いたい方は、短期レンタルがおすすめです。 1日単位でレンタルできるため、1ヵ月以内の利用でも無駄な料金が発生しません。 厳選した短期レンタルサービス5社から、おすすめランキングTOP3をご紹介します。 短期レンタルサービスは機種・プランによって料金が変わるため、できるだけスペックの近い機種で安いプランを比較しています。

○ポケット型WiFiレンタル比較

 代表機種データ容量料金プラン数
1日1週間1ヶ月
どんなときもWiFi for レンタルD13GB/日330円2,310円4,950円2
WiFiレンタル屋さん601HW20GB/月390円2,730円5,850円6
WiFiレンタルjapanSoftBank601HW100GB/月 目安480円3,360円7,450円8
WiFiレンタルどっとこむSoftBank E5383無制限
(1日3GB・月間90GB)
496円3,472円7,430円15
NETAGE601HW/603HW無制限※1715円5,005円9,900円22

※1 ネットワークに過度な負荷を与える通信が行われた場合、またはエリアの混雑状況等により、通信会社で通信速度を制限する場合があります。

比較中おすすめなのは、「どんなときもWiFi for レンタル」「WiFiレンタル屋さん」「NETAGE」の3社です。 それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

1位:どんなときもWiFi for レンタル

どんなときもWiFi

端末D1
1日料金330円440円
1ヵ月料金4,950円6,600円
データ容量3GB/日5GB/日
速度制限通信利用を行った場合、翌日0時まで通信速度を概ね128kbpsに制限いたします。
支払方法クレジットカード
プラン数2プラン
受け取り方法郵送
返却方法ポスト投函

短期レンタルおすすめ1位は、料金が安い「どんなときもWiFi」です。 選べる機種は1種類のみとシンプルな内容ですが、基本料金の安さが魅力。 比較中、もっとも安くポケット型WiFiをレンタルできるので、とにかく出費を抑えたい方におすすめです

長期利用したい方向けに、マンスリータイプも展開しています。 16日以上借りる場合はお得になるので、利用期間に合わせて選びましょう。

申込み時に終了日を決めなくてもいいのも特徴です。 使い終わったら付属のレターパックに入れてポストへ投函するだけで返却でき、プランに沿った利用期間分だけ料金が請求されます。 延長の連絡・延長料金なども必要なく、シンプルで使いやすいサービスです。

どんなときもWiFiの最新キャンペーン情報

どんなときもWiFiは2020年10月時点で実施しているキャンペーンはありません。そもそも短期レンタルするポケット型Wi-Fiサービスは、キャンペーンを実施していないところが多いです。

長期利用を前提としたポケット型Wi-Fiサービスを契約するよりも一時的な契約になり、契約者とのやり取りの回転率が高いです。そういった中でわざわざ手続きの必要なキャンペーンを実施していると、キャンペーンの処理が追い付かなくなってしまいます。

その代わり、どんなときもWiFiでは端末のレンタル料金が安くなっており、1日330円からレンタルできる仕組みになっています。どんなときもWiFiは短期レンタルを求める方の中でも、レンタル料金の単価の安さを重視する方にもおすすめです。

2位:WiFiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さん

代表プラン・端末601HW
1日料金390円490円
1ヶ月料金5,850円7,350円
その他の費用往復送料:1,100円
データ容量20GB50GB
速度制限規定以上のデータ通信で、翌月まで通信事業者により通信速度が制限。
支払方法クレジットカード
プラン数6プラン
受け取り方法郵送・空港・店舗
返却方法ポスト投函・郵送

ポケット型WiFi短期レンタルおすすめ2位は、利用のしやすさと安心感が魅力の「WiFiレンタル屋さん」です。 アンケートによるリピート希望率は98.8%(※1)と非常に高く、サービスの質を重視する方におすすめです。 電話での問い合わせにも対応してもらえるので、ネットからの注文が苦手な方も安心して利用できるでしょう。

受け取り方法が豊富なのも特徴。 自宅への郵送はもちろん、空港、実店舗でも受け取りが可能です。ホテルや入院先へも届けてもらえます。 返却は付属のレターパックセットに入れてポスト投函するだけで完了です。 利用しやすいサービスを探している方にも適しています。

※1 WiFiレンタル屋さんを利用した方へのアンケート ( 期間 : 2020年1月〜 2020年6月 回収数:12,489通 ) にて、[ 次回も是非利用したい ][ 機会があれば 利用したい ] を選ばれた方の割合

WiFiレンタル屋さんの最新キャンペーン情報

WiFiレンタル屋さんの2022年10月時点で実施しているキャンペーンは、どんなときもWiFi同様に特にありません。

WiFiレンタル屋さんも短期レンタルのポケット型Wi-Fiサービスの中で、レンタル料金の安さが特徴的なサービスとなっています。特別大きなキャンペーンを実施しなくても、WiFiレンタル屋さんは顧客満足度1位を獲得しています。

それだけの高い実績があるなら、今からわざわざキャンペーンを導入する必要がなく、今のサービス内容でも多くの方が満足して申し込んでいることがわかります。

WiFiレンタル屋さんの場合は、キャンペーンのお得さよりレンタル料金の安さやこれまで短期レンタルのポケット型Wi-Fiサービスを提供してきた実績を重視して契約したい方にもおすすめです。

3位:NETAGE

NETAGE

代表プラン・端末601HW/603HW
1日料金715円
1ヶ月料金9,900円
その他の費用往復送料:1,100円
データ容量無制限
速度制限ネットワークに過度な負荷を与える通信が行われた場合、またはエリアの混雑状況等により、通信会社で通信速度を制限する場合があります。
支払方法クレジットカード
プラン数22
受け取り方法郵送・店舗
返却方法ポスト投函・郵送

レンタルするポケット型WiFiにこだわりたい方には「NETAGE」がおすすめです。 プラン数が多く、SoftBank・au・ドコモ・Y!mobile・WiMAX・クラウドSIMの端末から選ぶことができます。 また、速度重視や価格重視などでプランを絞ることもできるので、自分に合うものを選びやすくなっています。

速度制限が緩いのも大きな特徴です。 データ容量無制限を謳っているプランでは、よくある3日間での容量制限などはありません。 状況によっては速度制限が発生するため完全な無制限とは言えませんが、普段のデータ通信量が多い方も使いやすいでしょう。

料金が多少高くても品質にこだわりたい方におすすめのサービスです。

NETAGEの最新キャンペーン情報

NETAGEは2022年10月時点でハロウィーンキャンペーンを実施しています。

2022年10月31日まで一部のポケット型Wi-Fiの1カ月分の料金が半額程度割引されています。普段なら1カ月で1万円程度かかるものでも、5,000円程度で利用することが可能です。

短期レンタルのポケット型Wi-Fiでキャンペーンが実施されることは珍しいですが、NETAGEは数日よりも1カ月ほど利用する場合に向いている短期レンタルのポケット型Wi-Fiサービスです。契約者の回転率などを考えると、高い効果の得られるキャンペーンが実施しやすくなっています。

短期レンタルのポケット型Wi-Fiサービスを視野に入れている方の中で、キャンペーンを適用させてお得にポケット型Wi-Fiをレンタルしたい方にもおすすめです。

レンタルのポケット型WiFiを選ぶポイント

ここからは、レンタルのポケット型WiFiを選ぶポイントをご紹介していきます。 ポケット型WiFi選びに失敗したくない方、自分にぴったりのものを選びたい方はぜひ参考にしてみてください。

利用期間・受け取れるタイミング

ポケット型WiFiをレンタルする際、まずチェックしたいのが利用期間です。 サービスやプランによって最低レンタル期間が異なるため、自分が使いたい期間に合うものを選びましょう。

1週間だけ使いたいのに1ヵ月単位のレンタルサービスを利用すると、無駄な料金が発生してしまいます。 逆に1日単位のレンタルサービスを何ヵ月も利用すると、料金が割高になってしまうため注意しましょう。

また、すぐにポケット型WiFiが必要な方は受け取れるタイミングも確認しておきましょう。 サービスによっては最短で当日発送してもらえます。 店舗受け取りができるサービスであれば、当日に使い始めることも可能です。 急にポケット型WiFiが必要となった方は、ぜひチェックしてみてください。

料金の安さ

ポケット型WiFiを選ぶ際は、月額料金の安さも重要です。 ただし、プランによって機種のスペックやデータ容量の多さで料金が変わってきます。 スペックにもこだわりたい方は、料金とのバランスを考えて選びましょう。

レンタルサービスごとの料金は「【1ヵ月単位】ポケット型WiFiレンタルおすすめランキング!」「【1日単位】ポケット型WiFiレンタルおすすめランキング!」で比較しているので、参考にしてみてください。

利用回線とエリア

ポケット型WiFiは、利用する回線によって使えるエリアが異なります。 各回線のエリアは下記のリンクから確認できます。

○各回線エリア

なるべく広いエリアで使いたい方は、「クラウドSIM」のポケット型WiFiを選びましょう。 クラウドSIMは3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の回線から適したものを自動で選び、接続してくれます。 3大キャリアのスマホが使える場所ならほぼ繋がるので、移動が多い方や山間部など電波の少ない場所で使いたい方は検討してみましょう。

データ容量

ポケット型WiFiには使えるデータ容量が決まっています。 1日3GBや月20GBなど、定められている容量と期間はプランによりさまざまです。 普段のデータ通信量や使用用途から、適切な容量のプランを選びましょう。

参考に、データ通信量1GBでできることをご紹介します。 プラン選びの参考にしてみてください。

○1GBでできること

 内容通信量(KB)利用可能回数
WebYahoo!トップページ426約2,347回
メール標準的な500万画素のデジタルカメラの
最高画質で撮影した画像
3,000約333通
動画YouTubeで4分40秒の動画(360p)28,700約34回
地図Google マップ
(東京23区を表示した状態から6回ズームイン)
2,871約348回
インターネット
電話Skype 音声テストサービス
(通話時間約1分)588約1,704分
(28時間程度)

引用元:hi-hoインターネットサービス Q&A

機種

ポケット型WiFiを快適に使うためには、機種のスペックにも気を付ける必要があります。 とくに以下の3点に注目してみましょう。

○機種のスペック注目ポイント

  • ・最大下り速度
  • ・最大連続通信時間
  • ・同時接続台数

最大下り速度

最大下り速度は、端末のダウンロード速度の最大値です。 スペック上の値なので、実際にその速度が出ることはありませんが、機種同士のスペック比較をする際に役立ちます。 最大下り速度が速いほど通信速度が速くなる傾向があるため、ストレスなくインターネットを利用したい方は注目してみましょう。

最大連続通信時間

最大連続通信時間は、バッテリーの持ちを表す時間となります。 ポケット型WiFiは外出先で使うことも多く、長く使えるかどうかは重要なポイントです。 旅行など、頻繁に充電できないシーンで使いたい方は要チェックです。

同時接続台数

同時接続台数とは、ポケット型WiFiに接続できる機器の数のことです。 接続したい機器の数より余裕のあるものを選びましょう。

ポケット型WiFiでは最大5~15台ほど接続できるので、一人で使う場合は十分なケースがほとんどです。 しかし複数人で使うと接続台数がオーバーしてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

ポケット型WiFiをレンタルする際の注意点

注意点

ポケット型WiFiのレンタルには、料金に関していくつか注意点があります。 知らずに契約すると思わぬ出費につながるので、事前に確認しておきましょう。

短期レンタルサービスは利用日数次第で割高になる

短期レンタルサービスを利用する場合、プランと日数に注意しましょう。 多くのサービスには1日単位のレンタルプランと、1ヵ月単位のレンタルプランがあります。 ある程度長くレンタルする場合は、1カ月単位のプランを利用した方が安くなるので注意しましょう

さらに、1ヵ月以上使う場合は、長期レンタルサービスを利用した方がお得なケースもあります。 例として、短期レンタルの「どんなときもWiFi for レンタル」と長期レンタルの「縛られないWiFi」の料金を比較してみましょう。

 どんなときもWiFi for レンタル縛られないWiFi
1日料金330円
1ヵ月料金4,950円4,620円
1ヵ月料金日割り160円149円

1ヵ月を31日間として料金を日割りすると、縛られないWiFiの方が安いことが分かります。 目安としては、2週間程度までなら短期レンタルの1日プラン、1ヶ月以上のレンタルは長期レンタルサービスがおすすめです。

端末が故障・紛失すると違約金が発生する

レンタルサービスでは、端末が故障・紛失してしまうと違約金が発生します。 違約金の高さはサービスによって異なりますが、1~2万円以上かかることもあります。

違約金が不安な方は、保証サービスに加入しておきましょう。 たとえば縛られないWiFiなら、月額440円から「レンタル安心サポート」に加入が可能です。 本来故障した場合、11,000円の違約金が発生するところ無料で端末を交換してもらえます。 ただし、紛失・盗難の場合は5,500円への減額となるので、保証に入っても取り扱いには注意しましょう。

レンタルポケット型Wi-Fiに関するよくある質問は?

レンタルポケット型Wi-Fiのサービスは何かと複雑で、さまざまな疑問を抱えている方が多いです。

そのため、レンタルポケット型Wi-Fiに関するよくある質問について回答していきます。

レンタルポケット型Wi-Fiとモバイルポケット型Wi-Fiは別物?

レンタルポケット型Wi-Fiとモバイルポケット型Wi-Fiには大きな違いがあると言えます。

まず提供エリアが異なっており、レンタルポケット型Wi-Fiでも国内向けの端末を契約することもできますが、海外向けの端末を契約することが可能です。しかし、WiMAXなどのモバイルポケット型Wi-Fiは国内向けに作られたものであり、海外では利用できません。

一部例外として海外でもそのまま利用できるものもありますが、大手のモバイルポケット型Wi-Fiだと海外では利用できないと考えておいたほうがよいです。

また、料金の安さにも大きな違いが見られます。

レンタルポケット型Wi-Fiは契約事務手数料や端末代金などがかからない代わりに、1日あたりのレンタル料金が高く設定されています。一方で、モバイルポケット型Wi-Fiは1カ月単位で料金が設定されていることが多く、1日あたりの料金に換算するとレンタルポケット型Wi-Fiより圧倒的に安いです。

最近ではモバイルポケット型Wi-Fiでも端末を無料で購入できるところも増えているため、料金のお得さを考えればモバイルポケット型Wi-Fiの利用が望ましいです。レンタルポケット型Wi-Fiを利用するなら、基本的に海外でインターネットを利用するときだけに限定しましょう。

国内ではなく海外利用でおすすめのポケット型Wi-Fiは?

先ほど、一部海外でも利用できるモバイルポケット型Wi-Fiがあると説明しました。主に縛られないWi-Fiのクラウドプラン、AiR-WiFi、どこよりもWiFiなどが海外でも利用できるモバイルポケット型Wi-Fiサービスに該当します。

これらのポケット型Wi-Fiではクラウド型のポケット型Wi-Fiが採用されており、SIM情報をクラウド上で処理してインターネット利用を行っています。国内だと大手通信キャリアの回線を自動取得できる仕組みになっているのですが、海外の回線も自動取得することが可能です。

そのため、クラウド型のポケット型Wi-Fiを提供しているサービスであれば、国内はもちろん海外利用でもそのまま利用できてかなりおすすめです。クラウド型のポケット型Wi-Fiサービスの中で、自分にとって一番利用しやすいと感じるところで契約を進めてみてください。

レンタルポケット型Wi-Fiルーターとパソコンは接続可能?

レンタルポケット型Wi-Fiルーターとパソコンは接続できます。

レンタルポケット型Wi-Fiルーターの電源を入れてWi-Fiの電波を飛ばし、スマホと接続するのと同じやり方でパソコンでもパスワード入力して接続設定を完了させれば接続できます。それだけでなく、専用のクレードルといった機器を使って有線接続でレンタルポケット型Wi-Fiを接続することも可能です。

ただ、レンタルポケット型Wi-Fiではクレードルの貸し出しは実施していないため、有線接続を試みるならモバイルポケット型Wi-Fiを契約した場合のみにしておいたほうがよいです。

出張におすすめのレンタルポケット型Wi-Fiは?

出張は単身赴任などと違って数日程度のものが多いです。数日程度レンタルできるポケット型Wi-Fiでいいなら、1日あたりの料金でレンタルできて、かつ1日あたりのレンタル料金が安いレンタルポケット型Wi-Fiを利用するのが望ましいです。

たとえば、どんなときもWiFiやWiFiレンタル屋さんなどがおすすめできます。

また、数日程度の利用ならお試しキャンペーンを活用して無料で使うこともできます。そのため、レンタルポケット型Wi-Fiでなくても、お試しキャンペーンを実施しているモバイルポケット型Wi-Fiの利用も視野に入れてみてください。

レンタルポケット型Wi-Fiはいつのタイミングから利用開始となるの?

レンタルポケット型Wi-Fiは好きなタイミングから利用が始められます。

インターネット上で申し込む場合は、あらかじめいつからいつまでレンタルするのかを選択して申し込む形となります。そのため、選択した利用開始日からのスタートとなります。急遽レンタルポケット型Wi-Fiが必要になった場合は、空港カウンターなどでその場で申し込めば、すぐにでもレンタルポケット型Wi-Fiの利用が開始できます。

基本的には自分が使いたいタイミングで利用が始められるため、当日であっても申し込み方法次第ではその日のうちにレンタルポケット型Wi-Fiの利用が開始できることを押さえておきましょう。

まとめ

ポケット型WiFiのレンタルサービスは数多くありますが、自分の使いたい期間に合わせて選ぶことが大切です。 2週間程度までなら1日単位でレンタルできるものを、それ以上長い期間借りたいなら1ヶ月単位でレンタルできるサービスを選ぶと良いでしょう。

短期レンタルなら「どんなときもWiFi for レンタル」、長期レンタルなら「縛られないWiFi」がおすすめです。 とくに縛られないWiFiはWiMAXのポケット型WiFiを使うことができ、端末のスペックも高めです。 自宅用として使うならホームルーターも選べるため、ぜひ検討してみてください。