光テレビサービスを詳細比較-おすすめの光テレビはどこ?-

192 views

光回線を導入することで、光テレビサービスを利用できます。テレビアンテナを必要としないので、建物の外観を気にすることがありません。

光テレビサービスは様々な会社が提供していますが、それぞれどのような違いがあるのかよくわかりませんよね。

特に初めて利用する方にとっては、違いがハッキリしないと不安になります。本記事では各社が提供するサービスの違いや特徴を紹介し、それぞれ比較してみました。

光回線と同時に光テレビを検討している方は、参考にしていただければ幸いです。

↓当サイトおすすめの光回線3選比較表↓

 

auひかり

ドコモ光
Softbank光
月額料金・戸建て=6,160円
・マンション=4,730円
・戸建て=5,500円~
・マンション= 4,180円~
・戸建て=5,170円~
・マンション= 4,180円~
実質速度・下り速度=491.94Mbps
・上り速度=453.84Mbps
・下り速度=271.5Mbps
・上り速度=227.67Mbps
・下り速度=314.28Mbps
・上り速度=233.09Mbps
提供エリア全国(一部エリアを除く)全国(一部エリアを除く)全国(一部エリアを除く)

目次

光回線でテレビ視聴が可能?-テレビサービスがある光回線の比較一覧-

光回線でテレビ視聴が可能?-テレビサービスがある光回線の比較一覧-

3大キャリアの光回線を比較すると、3社とも光テレビサービスを提供しています。

その中でもドコモ光は3つのサービスがあるので、自分の目的に合ったものを選べます。

  月額料金実質速度利用可能な光テレビサービス
ドコモ光
・戸建て=5,500円~
・マンション= 4,180円~
・テレビオプション
・ひかりTV
・スカパー
・テレビオプション
・ひかりTV
・スカパー
auひかり 戸建て(1ギガ)/5,610円

集合住宅(タイプG)/4,180円

平均ダウンロード速度: 488.72Mbpsauひかりテレビサービス
Softbank光
戸建て/5,720円

集合住宅/4,180円

平均ダウンロード速度: 315.7Mbpsソフトバンク光テレビ

ご覧の通り、月額料金はプランによりますが、大幅な料金の差はありません。差があるとするならば、通信速度の実測値でしょう。

auひかりはフレッツ光とは異なる独自回線を利用しているので、ほかの光回線よりも速度が速い傾向にあります。

ちなみにnuro光も独自回線で、速度が速いと評判です。ドコモ光と同じく、nuro光もひかりTVを導入できますよ。

光回線のテレビサービスとはどんなもの?主要サービス5つの概要と特徴-

光回線のテレビサービスとはどんなもの?主要サービス5つの概要と特徴-

光回線で提供されている光テレビサービスは、主に5つのサービスに分類されます。検討している方に向けて、それぞれどのような特徴があるのか解説していきます。

また、光回線ごとに視聴可能なテレビが異なりますので、わかりやすいようにまとめました。

<主要サービス5つ>

①:フレッツテレビ

①:フレッツテレビ

フレッツテレビは主に、フレッツ光と光コラボレーションで扱っているサービスです。

2022年3月には新たなBSチャンネルが開局され、バリエーションが増え続けています。

時代劇から最新アニメまでエンタメコンテンツが豊富ですので、子供から大人まで楽しめる光テレビサービスです。

対応している光回線が非常に多いため、代表的な回線を紹介します。

主な視聴可能回線

  • ビッグローブ光
  • So-net 光
  • @nifty光
  • @T COM
  • ぷらら光
  • AsahiNet 光
  • ・エキサイト光
  • フレッツ光

フレッツテレビの特徴:豊富なチャンネルと高画質な映像

フレッツテレビは地上デジタル放送やBSデジタル放送も含めて、41チャンネルの視聴が可能です。バラエティ番組から映画まで、豊富な番組が楽しめますよ。

歌舞伎や落語を楽しめるチャンネルもあるので、コアなファンでも満足できるでしょう。

また、音響や画質が良い4Kや8K放送にも対応しています。大画面のテレビを持っているなら、映画館さながらの映像を楽しめますよ。

全チャンネルで4Kや8K放送が受信できますので、高画質な映像を楽しみたい方におすすめです。

②:ひかりTV

②:ひかりTV

ひかりtvは50チャンネル以上の番組が見放題で、1チャンネル770円のオプションを追加すれば、最大80チャンネル見ることが可能です。ひかりtvのオリジナル番組もあるので、飽きずに楽しめます。

最新映画のレンタルや購入ができるビデオサービスも豊富ですので、家にいながらすぐに視聴が可能です。

また、ひかりtvを新規で申し込むと月額料金が初月無料になります。1,100~3,850円の月額料金が初月無料になるので、お試しで加入するのも良いですよ。

主な視聴可能回線

  • ドコモ光
  • OCN光
  • NURO光
  • @T COM

ひかりTVの特徴:スマホ・パソコン・カーナビでも楽しめる

ひかりtvを自宅で見る機会が多いと思いますが、外出先でも気軽に視聴できます。スマホやパソコンでもひかりtvが楽しめるので、旅行先や出張先でも重宝しますよ。

別料金がかかるわけではないので、すぐに外で視聴可能です。専用のアプリやソフトをダウンロードする手間がかかりますが、インストールさえすればあとはなにもいりません。

また、ひかりtvに対応したカーナビを利用すれば、車の中でも視聴可能です。

長時間の車の移動は退屈ですし、特に子供にとって移動は苦痛ですよね。車の中でも豊富なアニメや映画を見ることが可能なので、ファミリーでの利用にも適しています。

場所を選ばず高画質な映像が見たい方は、ひかりtvがおすすめですよ。

③:auひかりテレビサービス

③:auひかりテレビサービス

auひかりテレビサービスは、最大46チャンネルの番組が楽しめます。ドラマや音楽、スポーツ番組を見られるので、誰でも満足できるサービスが揃っています。

お得な情報として、今ならWEBからの申し込みで月額利用料が2ヶ月無料です。ほかにはないお得なキャンペーンですので、安く利用したい方におすすめ。

ただし、地上デジタルやBS放送は視聴できないので注意して下さい。

プラン料金

  • 選べるジャンルパック/1,628円
  • オールジャンルパック/2,728円

auひかりテレビサービスの特徴:au独自のサービスTELASAに注目

auではドラマやバラエティ番組などが見放題の、TELASAというサービスを提供しています。主にテレビ朝日の番組と配信番組が視聴可能で、見逃し配信にも対応中です。

月額料金は618円とほかの動画配信サービスより安く、Netflixのベーシックプラン(990円)と比較すると約400円近く安いことになります。

TELASAはauひかりテレビサービスとセットにすれば、テレビサービスの料金が毎月330円割引になるのでお得ですよ。

④:電力会社回線のテレビサービス

eo光

電力会社でも光テレビサービスを提供しています。どの電力会社も地上デジタル放送とBS放送を提供する形です。

U-NEXTなどの動画見放題サービスを利用できるわけではないので、地上デジタルとBS放送などで満足できる方なら問題なく利用できるでしょう。

各電力会社はエリアを絞ってサービス提供をしているため、エリアを調べた上で申し込み必要があります。

例えば関西地方対象のeo光を申し込みたくても、東海地方に住んでいる場合だと利用できません。

また、転勤などが多い方は安易に申し込みにくいですよね。もし対象エリアで長期的に利用する予定なら、電力会社の回線とテレビサービスを使いましょう。

    主な視聴可能回線

  • eo光
  • コミュファ光
  • ピカラ光
  • BBIQ光
  • MEGAEGG光

電力会社回線のテレビサービスの特徴:4K・8K映像が気軽に楽しめる

電力会社回線が提供するテレビサービスは、4K・8K映像が家中どこにいても楽しめます。アンテナ不要で高画質な映像が見られるのは嬉しいですよね。

もし家の中のテレビ台数が多かったとしても、全てのテレビで4K・8K映像が見られるのもポイントです。

ただ、最もネックになるのは「4K・8K映像対応のテレビを用意しなければならない」ことですよね。

その点関西エリアのeo光テレビサービスは、4Kテレビのレンタルを実施しています。月額2,700円~保証付きなので、安心して利用できますよ。

⑤:OCN光テレビオプション

OCN光 テレビオプション

OCN光はひかりTVだけでなく、オプションテレビサービスも利用可能です。利用目的によって加入するほうを選びましょう。

ひかりTVは地上デジタル放送のエリアが20都道府県に対し、OCN光テレビオプションは25都道府県が対象です。若干ではありますが、OCN光テレビオプションのほうが範囲は広いですね。

また、BS放送やFMラジオ放送も視聴できます。さらにオプションを追加すればWOWOWなどのCSチャンネルも視聴できるため、より幅広い映像作品が楽しめますよ。

主な視聴可能回線

  • OCN光

OCN光テレビオプションの特徴:ラジオ番組も視聴できる

非常に珍しいのが、光テレビサービスでFMのラジオ番組が視聴できます。近年テレワークなどでラジオを聞く方も多いため、そういった方には嬉しいサービスですよね。

『エフエム東京』や『ニッポン放送』のラジオが聞けるので、全国的に人気の高い番組を楽しめます。

テレビ番組だけでなくラジオも楽しみたい方は、ひかりTVではなくテレビオプションを選びましょう。

光テレビとケーブルテレビの違い

本記事で紹介したフレッツテレビやひかりTVが光テレビに分類され、アンテナ不要で地上デジタル放送などを見ることが可能です。

対してケーブルテレビはアンテナが必要になりますが、チャンネル数が豊富です。

特にケーブルテレビでは地域密着の番組やオリジナルの番組が豊富なので、光テレビよりも幅広いジャンルの番組が見られます。

では光テレビのメリットはなにかと言うと、天気によって映像が乱れないという点です。

アンテナがあると台風や豪雨の際に映像が乱れてしまいますが、光テレビであればアンテナがないので影響を受けません。

いつでも高画質でクリアな映像が楽しめるので、おすすめなのは光テレビです。

光回線テレビサービスは評判が悪い?-口コミと合わせてデメリットを比較-

光回線テレビサービスは評判が悪い?-口コミと合わせてデメリットを比較-

光回線のテレビサービスは、評判が悪いようです。実際にどのようなところが悪いと評価されているのか、口コミを見ながら紹介していきます。

もし光テレビサービスをいくつか検討している方は、デメリットを比較してみましょう。

<デメリットや悪い評判>

フレッツテレビ:西日本での利用は戸建てのみ

フレッツテレビの悪い評判で多かったのは、対象エリアの少なさを嘆く声です。

東日本のマンションタイプはフレッツテレビを導入できるのに対し、西日本では戸建てしか導入できません。

その影響から、西日本でマンションに住んでいる方にとっては、導入したくてもできない状況に陥っています。

ユーザーの間でマンションタイプの対応を望む声が多く、仕方なくほかの光テレビサービスを利用する方も。

今後徐々にエリア拡大はしていくと思いますが、いつ西日本でも導入されるのか不明瞭です。拡大されるまでは、ほかの光テレビサービスを利用しましょう。

ひかりTV:電話が繋がらずなかなか解約できない

ひかりTVの利用者からは「解約がしにくい」という意見が上がっています。特に解約の電話をかけても、全く繋がらないようです。

ひかりTVはチャットやメールフォームでも解約できますが、電話で解約を伝えないと安心できない方もいます。チャットだと本当に解約できたのか不安になりますよね。

このような理由から電話で解約する方がいますが、その電話が全く繋がらないと解約する気力が失われます。さらにひかりTVの印象を悪くしてしまいますよね。

サービス自体は良いものの、解約がスムーズにできないとストレスになります。電話での解約がしにくいことを把握した上で、申し込むようにしましょう。

auひかりテレビサービス:家でしか見られないのが不便

auひかりテレビサービスの利用者からは、不便な点がいくつか指摘されています。下記の口コミをご覧下さい。

口コミの通り、auひかりテレビサービスは自宅でのみ放送を楽しめます。ひかりTVのように、外出先でスマホやカーナビを使って放送は視聴できません。

契約する前に「自宅だけで見られれば満足」と思っていても、あとから不便に感じるかも知れません。自宅以外での利用を少しでも検討しているなら、ひかりTVをおすすめします。

また、録画した放送は編集ができないようです。特に音楽番組などは不要な部分を切り取って、自分が見たい歌手の部分だけ残したいですよね。

さらに編集ができないため、録画した放送の容量も減らすことができません。録画をたくさんすればするほど容量が増えるので、お気に入りの番組を消去することも必要になってきます。

電力会社回線のテレビサービス:月額料金が高い

電力会社回線が提供するテレビサービスは、ある一定の期間は月額料金が安いです。ただ、その期間を過ぎると高くなる傾向にあります。

例えばBBIQ光テレビのベーシックプランは、2~24ヶ月目まで3,575円に対し、25ヶ月目以降は4,235円に変わります。

また、eo光の1ギガ33チャンネルコースは初年度3,584円で使えますが、2年目になると7,334円です。

口コミでも料金の高さを指摘する声があり、値段を払うほどの価値がないと感じる方も。

光回線だけを契約し、動画はNetflixやHuluなどを利用する方もいます。わざわざテレビサービスを導入しないほうが、安上がりかも知れませんね。

光テレビのデメリットまとめ

光テレビ全般に言えることは、導入できるエリアが絞られていることです。電力会社回線に至っては地域限定なので、対象のエリアに住んでいないと光回線自体契約できません。

光テレビによっては月額料金が10,000円近くかかるため、本当にその価値があるのか考える必要があります。高い料金を払っても、自分の見たい作品がないことも。

「光テレビサービスがあれば便利」と、とりあえず加入しておく方も多いでしょう。

しかし「あまり使わなかった」という口コミもありましたので、必要かどうかをよく考えて申し込みましょう。

光回線テレビサービスにはメリットもある-口コミからわかった便利なポイント比較-

光回線テレビサービスにはメリットもある-口コミからわかった便利なポイント比較-

デメリットを把握したところで、今度はメリットを見ていきましょう。光テレビサービスそれぞれにポイントがあり、口コミも様々です。

どれが自分にとって使いやすいのか、比較してみて下さいね。

<メリットや良い評判>

フレッツテレビ:地上デジタルとBSで満足できるならお得

フレッツテレビは主に地上デジタル放送とBSが見られるサービスです。逆を言うと専門チャンネルやCS放送が視聴できないので、人によっては満足できないかも知れません。

ただ、普段は地上デジタル放送やBSしか見ない方にとって十分お得なサービスです。

地上デジタル放送やBSに加え専門チャンネルも視聴できるひかりTVは、月額料金1,100円(基本プラン)です。それに対しフレッツテレビは、月額825円で利用できます。

下記のように、あまりテレビを見ない方ならちょうど良いサービスと言えるでしょう。

ひかりTV:豊富なチャンネル&CSが手軽に視聴可能

ひかりTVは50チャンネル以上が見放題で、オプションを付ければ80チャンネル以上視聴可能です。ひかりTVさえあれば映画からバラエティ番組まで全てを楽しめますので、ファミリーにもおすすめのサービスです。

光回線さえ導入していれば工事不要で番組を見ることが可能ですので、申し込んですぐに楽しめますよ。

また、CS放送は別契約せずに見られるので、余計な費用がかかることもありません。

地上デジタル放送だけでなく、専門チャンネルもたくさん楽しみたい方におすすめです。

auひかりテレビサービス:回線もテレビも安定感抜群

光回線のauひかり自体が高速通信可能なため、テレビの電波受信も安定感抜群です。

通信状況が悪いと映像や音声が乱れてしまいますが、auひかりテレビサービスは不安定になりにくいですよ。

特に映画やドラマなど盛り上がるシーンで映像が止まると、テンションが下がりますよね。せっかくの良い雰囲気も台無しになりますので、光テレビサービスは安定感が大切です。

通信回線もテレビも快適に利用したいなら、auひかりテレビサービスがおすすめですよ。

電力会社回線のテレビサービス:地域密着のサービスやイベントが豊富

電力会社回線は一部地域を対象にしているため、それぞれ地域密着のイベントなどを行っています。大規模なものが多く、ユーザーにとっては嬉しい催しがたくさんあります。

例えばBBIQ会員なら、映画の試写会やお客様感謝祭を実施することも。

また、eo光テレビとeo光はプレゼント企画を実施しています。対象地域に住んでいる方からすると、とてもお得で楽しいですよね。

逆を言うと、地域が絞られていることはデメリットにも繋がりますので、人を選ぶサービスなのは間違いありません。

OCN光テレビオプション:ひかりTVよりも月額料金が安い

OCN光はテレビオプションとひかりTVの2つから選ぶことが可能です。

テレビオプションのほうは地上デジタル放送やBS、ラジオが聞けるのに対し、ひかりTVは専門チャンネルなど50チャンネル以上が視聴できます。

チャンネル数の多さから、ひかりTV for OCNは月額料金1,100~2,750円と高めです。

その点テレビオプションは月額825円で見放題となっています。地上デジタル放送やBSを視聴できれば十分だと感じるなら、テレビオプションで問題ないでしょう。

もともとOCN光自体の月額料金が安い(3,960円~)ので、テレビオプションを付けたとしても大きな負担にはなりませんよ。

光テレビのメリットまとめ

光テレビのメリットとしては、地上デジタル放送以外に豊富な番組が見られることでしょう。工事不要でアンテナもいらないので、綺麗な映像と音声が楽しめます。

比較的月額料金が安い光テレビもあるので、導入しても損はありません。

また、CSやラジオ放送が聞けるサービスもあり、ユーザーの趣味に合わせやすいのも特徴です。

様々な回線で光テレビが視聴できますので、メリットを比較しながら検討してみましょう。

光テレビサービスを比較してわかった注意点-利用の際はここをチェック‐

光テレビサービスを比較してわかった注意点-利用の際はここをチェック‐

光テレビサービスを検討している方に向けて、いくつか注意点をお伝えします。意外な費用がかかることがあるので、申し込む前にチェックしておきましょう。

<注意点は4つ>

一部地域はサービスエリア外

フレッツ光のような全国を対象とした光回線でも、提供しているフレッツテレビは全国対象ではありません。
一部地域だとサービス対象外になるので、全員必ずテレビサービスを利用できるわけではないですよ。

電力会社回線が提供するテレビサービスはエリアが狭いので、利用する前にエリア対象かどうかの確認は必須です。

テレビサービス単体での解約金が発生する場合がある

光テレビを比較してみると、テレビサービス単体で解約金がかかるものがありました。

例を挙げるとeo光が解約金を必要とします。意外と高額な費用がかかるので、利用期間を考えて使用する必要があります。解約金は利用期間が1~6ヶ月までは17,600円、7~12ヶ月までだと8,800円の解約金です。

また、撤去工事も最低13,200円かかるので、負担が大きくなることを承知の上で申し込みましょう。

プロバイダ契約は必須

光回線を利用するにはプロバイダが必要なので、テレビサービスの利用も必然的にプロバイダが必須となります。

プロバイダによってお得なキャンペーンが異なり、ユーザーにとっては選びやすくなっています。

中には回線とプロバイダが一体になっているものもあるので、プロバイダに関してよくわからなければ、一体型の光回線を選びましょう。
例:一体型の光回線はNURO光、ドコモ光、auひかりなど。

視聴するための工事が必要になる場合がある

フレッツテレビやコミュファ光テレビなど、光テレビを視聴するには工事が必要な場合があります。

ONUやチューナーを設置するため、屋内もしくは屋外の壁に工事が必要です。

工事をしても受信できない場合は別途オプション工事が必要になることもあるので、人によっては費用の負担が大きくなるかも知れません。

申し込む際に工事の有無や費用などを聞いて、事前に確認することをおすすめします。

【2022年現在】光テレビを快適に見れるおすすめ光回線は?

【2022年現在】光テレビを快適に見れるおすすめ光回線は?

テレビが使用可能なおすすめ光回線は、下記の通りです。

  月額料金実質速度利用可能な光テレビサービス提供エリア
ドコモ光
戸建て(1ギガ)/5,720円
集合住宅(1ギガ)/4,400円
平均ダウンロード速度: 271.25Mbps・テレビオプション
・ひかりTV
・スカパー
全国対象
auひかり 戸建て(1ギガ)/5,610円
集合住宅(タイプG)/4,180円
平均ダウンロード速度: 488.72Mbpsauひかりテレビサービス全国対象
Softbank光
戸建て/5,720円
集合住宅/4,180円
平均ダウンロード速度: 315.7Mbpsソフトバンク光テレビ全国対象
NURO光
nuro光 ロゴ
5,200~6,100円平均ダウンロード速度: 495.24MbpsひかりTV北海道
関東
東海
関西
中国
九州
※一部地域を除く
コミュファ光
コミュファ光 ロゴ
戸建て(1ギガ)/5,170円
集合住宅(1ギガ)/4,070円
平均ダウンロード速度: 592.22Mbpsコミュファ光テレビ東海4県
長野県
eo光
eo光 ロゴ
戸建て(1ギガ)/3,280円~
集合住宅(1ギガ)/3,248円~
平均ダウンロード速度: 567.2Mbpseo光テレビ近畿2府4県
福井県
So-net光
So-net 光 ロゴ
戸建て/6,138円
集合住宅/4,928円
平均ダウンロード速度: 269.62Mbpsフレッツテレビ全国対象

<特におすすめの光回線>

ドコモ光:セット割とキャッシュバックがお得

ドコモ光紹介

 

ドコモ光

月額料金 戸建て(1ギガ)/5,610円
集合住宅(タイプG)/4,180円
実質速度平均ダウンロード速度: 271.25Mbps
利用可能な
光テレビサービス
・テレビオプション
・ひかりTV
・スカパー
提供エリア全国対象

ドコモ光はスマホセット割引が可能で、最大1,100円割引されます。離れて暮らす家族も対象になるため、家族全員ドコモユーザーならさらにお得です。

また、ドコモ光はプロバイダを自由に選べるので、お得なキャンペーンを自分で好きに選べます。

特にキャッシュバックは高額になりやすいので、様々なプロバイダを比較してみましょう。

GMOとくとくBBであれば、最大55,500円のキャッシュバックがありますよ。

auひかり:通信速度を重視する方におすすめ

auひかり紹介

 

au光
auひかり ロゴ

月額料金 戸建て(1ギガ)/5,720円
集合住宅(1ギガ)/4,400円
実質速度平均ダウンロード速度: 488.72Mbps
利用可能な
光テレビサービス
・auひかりテレビサービス
提供エリア全国対象

上記の比較表を見るとわかる通り、auひかり実測値は488.72Mbpsを記録しています。

NURO光やコミュファ光も実測値は速いものの、エリアが限定されているので誰でも申し込めるわけではありません。

その点auひかりは全国的に使える光回線なので、誰でも高速回線が利用できますよ。

ドコモ光と同じように、スマホセット割引が適用できるのもポイント。

SoftBank(ソフトバンク)光:違約金を負担してくれる

SoftBank(ソフトバンク)光 紹介

  Softbank光
SoftBank光 ロゴ
月額料金 戸建て/5,720円
集合住宅/4,180円
実質速度平均ダウンロード速度: 315.7Mbps
利用可能な
光テレビサービス
・ソフトバンク光テレビ
提供エリア全国対象

SoftBank光は違約金を全額負担してくれるので、乗り換えを検討している方におすすめです。

満額と言っても10万円までになりますが、違約金が10万円を超えることはほとんどありません。

それを考えると、違約金を払うことなく乗り換えできますよ。現在の光回線に不満がある場合は、SoftBank光を検討してみましょう。

光テレビサービスを比較したときによくある質問は?

光テレビサービスを比較したときによくある質問は?

光テレビサービスを比較している方に向けて、よくある質問をまとめました。

複数のテレビ視聴や地上デジタル放送に関して、細かく説明していきます。

<よくある質問6つ>

ネットテレビ電話ができる安い光回線はどこ?

ネット+テレビ+電話が利用できて安いのは、nuro光です。

3大キャリアの光回線は全て、電話の月額料金が550円となっています。その点nuro光の北海道と関東以外の地域は、月額330円で利用可能です。

330円で電話が利用できるのは最安と言っても過言ではありません。

また、テレビサービスをnuro光と同時に申し込めば、12,000円キャッシュバックが付いてきます。トータルの実質料金を下げられるので、ネット+テレビ+電話を利用したい方は検討してみましょう。

光テレビは複数台のテレビでも視聴可能?

テレビが複数台でも視聴可能です。ただ、ひかりTV for NUROの場合だと、1契約につき1台しか見られません。複数台のテレビで視聴したいときは、追加で契約する必要があります。

もちろん月額料金が台数分増えることになるので、本当に必要かどうかを考慮しましょう。

ちなみにauひかりテレビサービスは、わざわざ契約を追加しなくても、STB(セットトップボックス)の申し込みで2台まで視聴可能になりますよ。

光テレビで4K視聴はできる?

4k対応のテレビがあれば、4kの映像が視聴できます。

主な光テレビほとんどが4kや8kを提供しているので、対応しているテレビさえあれば高画質な映像が見放題です。
eo光テレビなら4kテレビのレンタルも行っているので、どうしてもテレビが高くて購入できない方はチェックしてみましょう。

光テレビで見れるのは地上波のみ?

光テレビの種類にもよりますが、地上デジタルだけでなく、BSやCSなどの衛星放送も視聴できます。

アンテナ不要で衛星放送が見られると考えたら、光テレビサービスは便利なサービスですよね。

衛星放送も4kや8kの画質で視聴できるようになっているため、より迫力のある映像で映画やアニメが楽しめますよ。

戸建てで光テレビを見るのにおすすめの光回線は?

戸建てで光テレビを利用するなら、auひかりがおすすめです。戸建ては主にファミリー層での利用が多いため、ネット回線を利用する機会が特に多くなりますよね。

料理のレシピを動画で見たり、子供が好きなアニメを見たりします。

その際に速度が速くてラグも少ない光回線を利用すれば、快適な生活を送れますよね。もちろん光テレビを利用すれば豊富なチャンネルがありますし、アンテナが壊れる危険性もなく安全です。

速度も速く家族全員が快適に利用するなら、auひかりをおすすめします。

マンションで光テレビを見るのにおすすめの光回線は?

マンションでおすすめなのは、auひかりとSoftBank光です。

auひかりは戸建てでもお伝えした通り、やはり速度の速さが魅力的です。ただ、マンションタイプになると速度が遅くなるパターンがあるので、全員におすすめというわけではありません。

それを考えると、通信速度や月額料金が平均的なSoftBank光がちょうど良いかも知れません。スマホとのセット割引が可能で、対象エリアも全国です。

誰でも申し込めて平均的な性能であれば、十分満足できるでしょう。

光テレビサービスの特徴は微妙に違う-回線そのものから最適な物を選ぼう-

光テレビサービスの特徴は微妙に違う-回線そのものから最適な物を選ぼう-

様々な光テレビサービスを比較しましたが、どれも似た内容ですよね。

しかし、CSが視聴できなかったり複数台での視聴は別契約だったりと、微妙な違いが発生します。

対象エリアも異なるので、サービス内容とエリアの比較は必須です。

自分の住んでいるエリアや欲しいサービスを考えた上で、最適なものを選びましょう。