スマホの速度測定アプリを紹介 -高速にするための対策もあり-

110 views

スマホを使うのであれば気になるのは速度ですよね。速度が遅くなりすぎると動画視聴やSNSの閲覧などに影響が出るので、かなりストレスになるでしょう。 とはいえ、スマホの速度の確認には測定アプリなどを使用するものなので、難しいと感じる人も少なくありません。また、今以上に速度を速くしたいと考えていてもなかなか対策は難しいですよね。 今回はスマホの速度測定アプリと高速にするための方法をご紹介します。スマホの速度に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。 

スマホの速度測定の前に -スマホに必要な通信速度を解説-

スマホの速度測定の前に -スマホに必要な通信速度を解説-

スマホの速度測定の前にスマホを使用する上で必要になる通信速度をご紹介します。それぞれの動作に必要な速度がどのくらいになるのか、知っておかないと数値を見ても使用感がイメージしにくくなりますよね。 ここではスマホの動作に必要な速度をご紹介します。以下の内容を参考にして、どの程度の速度が必要なのか確認してくださいね。

LINE・メール:128kbps~1Mbps

LINEやメールのやり取りに必要な速度は128kbps~1Mbps程度になります。LINEのメッセージや文字のみのメールであれば128kbps程度であれば十分だといえるでしょう。 この速度はスマホの速度制限の際に適用される速度と同じになります。速度制限がかかっている状態でもLINEなどのメッセージの送受信は可能なので、知っている人も少なくないでしょう。 しかし、画像や動画などの送受信に関しては1Mbps程度ないと少し時間がかかる、あるいは送受信できなくなります。LINEやメールの送受信などに限定指定している場合はそこまで速度を意識しなくても問題はないでしょう。

Webサイト閲覧:1Mbps~10Mbps

WEBサイトの閲覧に関しては使用されている画像データの量や画質に応じて異なります。どのようなページの閲覧が多いのか確認しておくと良いでしょう。 文字が中心のサイトであれば1Mbps程度あれば十分利用できます。しかし、データが重たいページに関しては10Mbps程度必要になるケースも少なくありません。 Webサイトの閲覧が多いという人は、10Mbps程度の速度が出ている状況であればほとんどのサイトでストレスなく快適に過ごせるでしょう。

ゲームアプリ:10Mbps以上

ゲームアプリに関しては高画質な場合、10Mbps以上必要になります。それ以下の数値でプレイしてしまうと画面がカクカクしたり読み込めなかったりなどの不具合も考えられるでしょう。 表示させるまでにかかる時間が長すぎるので、プレイできているとはいえませんよね。ゲームアプリの利用頻度が高い人は、10Mbpsの速度が出ているか確認すると良いでしょう。

Youtubeなどの動画視聴:5~20Mbps

Youtubeなどの動画視聴サイトで動画を視聴する場合、5~20Mbps程度の速度が必要になります。動画の画質によって必要な数値は異なるので注意が必要ですね。 画質に対して速度が遅すぎると画像がカクカクしたり読み込めなくてエラーになってしまったりするなど、不便な状況に見舞われてしまうでしょう。 速度があまり速くないと感じた人は、動画の画質を少し下げるのがおすすめです。画質を下げることで改善する可能性があるので、困っている人は試してみてくださいね。

スマホの速度測定アプリ 3選

スマホの速度測定アプリ 3選

スマホの速度測定アプリのおすすめを3つご紹介します。以下でご紹介しているアプリは簡単に使える便利なものばかりです。 スマホの速度が気になっているという人は参考にしてくださいね。

①ドコモスピードテスト

ドコモスピードテストを使用すると、現在いる場所の速度測定ができます。さらに周辺のドコモ5G、LTEの速度の平均値も表示してくれるので、ドコモユーザーの人であれば知っておきたい便利なアプリです。 過去に測定した結果をリストやマップで表示してくれるので、以前計測した時にどうだったのかも確認可能に。マップで表示してくれるので見やすく、使い勝手も問題はないでしょう。 さらにLTEや5Gのエリアは随時拡大されています。今後6ヶ月後のエリアに関しても確認できるので、自宅や会社などよくスマホを利用するエリアに対応するタイミングなども知れますね。

②Speed Test Master

タップ一つで遅延や下り速度、上り速度を確認してくれる便利なアプリです。無料版の場合は一日5回までと上限が定められているので、注意が必要ですね。 他のユーザーの測定記録を閲覧できる機能があるので、他の人と比べて自分の速度がどの程度なのか知ることもできます。通信状況や接続端末数などの回線そのものの問題を検出する機能も備わっているので、通信の改善を考えている場合にもかなり役立つでしょう。

③Meteor Speed Test

広告なしで無料で使える速度測定アプリで、アプリの評価はかなり高めになっています。無料にも関わらず回数制限なく広告の表示もありません。 アプリの精度が高いので、動きに関してもかなりスムーズです。登録などの細かい作業が必要ないので、ダウンロードしたらすぐに使えるという点もかなり好印象ですよね。 シンプルなので昨日はかなり限定されますが、スマホの速度だけを測れれば良いという人にオススメできる使い勝手の良い速度測定アプリです。

スマホの速度測定を踏まえ、より速くするための対策

スマホの速度測定を踏まえ、より速くするための対策

スマホの速度測定を終えたら、数値を踏まえてより速くするための対策を考えましょう。スマホの速度は工夫次第でより速くできるケースも少なくありません。 速度に不満を持っているものの一切工夫していないという人は、損をしているかもしれませんね。スマホの速度を測定し、一般的な数値よりも低かった場合、以下で紹介している方法を一つずつ試してみましょう。 スマホの速度に悩まされている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

OSを最新にバージョンアップする

OSが最新になっているか確認してみましょう。OSが古いバージョンのままだと、速度はなかり遅くなる傾向にあります。 スマホで新たにリリースした機能が使えないだけでなく、アプリなどのバージョンについていけなくなっている可能性も少なくないでしょう。対応していないものを対応させようとすると、それだけで速度は遅くなります。 速度に違和感を感じている、また速度を速くしたいという人はOSのバージョンを最新にバージョンアップしましょう。

速度制限がかかっていないかチェックする

速度制限がかかっていないかチェックしましょう。速度制限は規定プラン以上を使ってしまった場合にかかる制限になります。 速度制限は多くの場合、128kbps程度になるケースがほとんどなので、LINEやメールなどのやりとりであれば問題はありません。しかし、動画や画像の送受信や動画の視聴に関してはかなり厳しいでしょう。 速度制限がかかってしまった場合、データを追加するなどの対応をしないと解除はできません。速度に違和感を感じた場合、速度制限の有無をチェックしてみましょう。

スマホを再起動してみる

スマホを再起動して、様子をみましょう。スマホは電子機器なので、再起動で改善するケースも珍しくありません。 再起動は簡単にできる対処法なので、違和感を感じたらまず試してほしい対策になります。違和感があれば、まず最初に再起動を試してみましょう。

より速度を求めるならポケット型WiFiがおすすめ

より速度を求めるのであればポケット型WiFiがおすすめです。契約する事業者によって異なりますが、多くの場合スマホの速度よりも改善するでしょう。 速度をとにかく意識するという人は、スマホだけでなくポケット型WiFiを合わせて持つのがおすすめです。

スマホの速度測定を踏まえ、おすすめのポケット型WiFi 3選

スマホの速度測定を踏まえ、おすすめのポケット型WiFi 3選

スマホの速度測定を踏まえて、スマホと合わせて持つ場合におすすめのポケット型WiFiをご紹介します。それぞれに詳細が異なるので、しっかり確認し選択しなければなりません。 自分の理想に合う、もしくは最適なものを選択するようにしましょう。

縛られないWiFi:縛り期間を設けていない使い勝手の良いWiFi

縛られないwifi

運営会社株式会社25
プラン+月額料金・ギガ放題プラン(WiMAX)「4,620円」
・30GBプラン(クラウド)「3,190円」
・50GBプラン(クラウド)「3,740円」
通信速度(実測値)上り「6.57Mbps」 下り「9.11Mbps」
利用端末ギガ放題プラン(WiMAX)
W06 ・HOME02 ・W06 ・HOME02 ・W05 ・W04 ・D1
解約金なし
支払い方法クレジットカードまたは口座振替※ ※1年おトクコースで可能

縛られないWiFiは縛り期間を設けていない使い勝手の良いWiFiサービスになります。縛りが設けられていないので、月単位であればいつでも解約が可能に。 ポケット型WiFiを試してみたいと思っている人に最適ですね。長期でも短期でも利用できるので、かなり使い勝手が良いといえるでしょう。 また、取り扱っている機種はどれも最新になります。最新機種を利用する場合、速度に関してもかなり良好になるでしょう。 ポケット型WiFiの事業者の中には旧機種しか取り扱っていないところも少なくないので、かなり嬉しいですよね。

Broad WiMAX:お得に使えるWiMAXポケット型 WiFi

Broad WiMAX:お得に使えるWiMAXポケット型 WiFi

運営会社株式会社 Link Life
プラン+月額料金・ギガ放題バリュープラン「初月1,397円(2カ月以降)」
・ギガ放題フリープラン「初月1,397円(4,070円)」
通信速度(実測値) 上り「10.75Mbps」
下り「68.21Mbps」
利用端末・X11
・5GmobailWiFi
・HOME 5G L11
・HOME 5G L12
解約金・Web購入・クレカ払いで初期費用無料
・2台同時申し込みで5,000円キャッシュバックキャンペーン
・違約金当社負担キャンペーン
・いつでも解約サポート
支払い方法クレジットカードまたは口座振替※

WiMAX回線はポケット型WiFiの中でも速度が速く人気があります。速度を意識する人にWiMAX回線は特におすすめです。 しかし、WiMAX回線は月額料金が高い場合が多いので、コスト面を意識する人にとってはデメリットといえますよね。Broad WiMAXは他のWiMAX回線と比較すると料金が割安に設定されていますが、それでも高いと感じる人はいるかもしれません。 Broad WiMAXは月額料金が割安なだけでなく、キャッシュバックなどのキャンペーンが手厚いので、総額的にかなり安くなるでしょう。コスト面を意識する人も満足できる可能性があります。 WiMAXの料金の高さがきになるという人は、Broad WiMAXを検討するのが良いでしょう

AIR WiFi:100GB3,278円のみのシンプルなプラン設定

AIR WiFi:100GB3,278円のみのシンプルなプラン設定

運営会社スタイルガイド
プラン+月額料金・らくらくプラン「3,377円〜」 ・まるっとプラン「3,608円〜」
・サクッとプラン「3,278〜円」
通信速度(実測値)上り「14.4Mbps」 下り「26.94Mbps」
利用端末・U2s
・U3
・U4
解約金なし
支払い方法クレジットカード

100GB3,278円のプランのみになっています。選択肢がないので迷ってしまう心配はありません。 さらに、AiR- WiFiの容量は100GBとなっているので、大容量のデータを利用する人にもおすすめです。速度が改善するのはもちろん、データ残量を気にしなくても良くなるので現在以上に快適になるでしょう。 また期間を設けていないので、1ヶ月単位であれば違約金なども発生しません。安心して好きな期間だけ使えるので、かなり重宝するでしょう。

スマホの速度測定についてよくある質問

スマホの速度測定についてよくある質問

ここではスマホ測定に関するよくある質問をご紹介します。事前に確認しておくことで疑問点や不明な点が解消可能性があります。 スマホの速度測定に関して悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

速度測定アプリは無料で利用できる?

速度測定アプリの利用は多くの場合無料になります。しかし、中には多種多様な機能が使える分月額料金が必要になるというケースも少なくありません。 有料アプリの場合、速度測定以外の機能も利用できる可能性があります。速度だけを計測できれば良いという人は無料のものを、ほかにも機能を使ってみたいと考える人は有料のものも候補に入れて検討を進めましょう。

速度測定アプリで課金をするとどんなメリットがある?

速度測定アプリで課金をする場合、豊富な機能を利用できるというメリットがあります。インターネットの接続状況や接続端末数、かかっている負荷などを確認できるので、ネット環境の改善に役立つといえるでしょう。 インタネット環境の改善には、現状の把握や原因の切り分けが必要になります。速度が遅い原因を確認したいという人は、有料の速度測定アプリの利用やアプリ内課金を検討しましょう。

新幹線・電車に乗っていても測定できる?

新幹線や電車に乗っている状況でも測定そのものは可能です。測定の際に音が出るものはほとんどないので、ほかの乗客に迷惑がかかる心配もないでしょう。 新幹線や電車の場合、地下やトンネルの中では圏外となるケースも少なくありません。測定アプリを使用して速度を測定することは問題ないので、気になる場所がある人はぜひ試してみましょう。

まとめ:スマホの速度測定アプリは無料でできるものを選ぼう

スマホの速度測定アプリの多くは無料になります。速度を測定するだけであれば無料のものでほとんど問題はないでしょう。 スマホの速度測定アプリで速度を測定し物足りない場合はポケット型WiFiを追加するなどの対策を試してくださいね。