田舎住みでも電波の強い・使いやすいおすすめのポケット型WiFi9選|正しい選び方や遅い時の対処法も解説

ポケット型WiFi・モバイルWiFi
免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。

*WiFiおすすめ.com by株式会社25は、株式会社25が運営しています。

通信系編集部ディレクター。通信系メディアの編集を3年以上経験しており、そこで得た通信のお得な情報をプロ目線で発信。ぜひ、この記事を読んでいただき、毎日の通信料金を安く、通信環境を快適にしてください!

通信系メディアディレクター 毛利浩一郎

  1. 田舎住みでも電波の強い・使いやすいおすすめのポケット型WiFi9選を知りたい
  2. 田舎・山間部に住んでいる人の正しいポケット型WiFiの選び方を知りたい
  3. 田舎・山間部でポケット型WiFiの速度が遅い時の対処法を知りたい
  4. 田舎・山間部、特に登山などで山奥に行くときにおすすめのポケット型WiFiを知りたい

田舎でも使えるポケット型WiFiはあるのか疑問に思っていませんか。

編集部
編集部

確かに、なんとなく田舎ではWiFiが届きづらい印象がありますよね。

そこで、当記事では田舎住みでも安心して使えるポケット型WiFiを5つに厳選して紹介します。

最後まで読めば、田舎でも安定して使えるWiFiが分かり、繋がらないと後悔することはないでしょう。

【この記事の簡単解説!】
・田舎でおすすめのWiFiはZEUS WiFiMUGEN WiFiなど!
・通信速度が遅い時は有線接続や端末の設置場所を変えてみるのがおすすめ!
・クラウドSIMはauやドコモのプラチナバンドなどが使えるからおすすめ!

特に、田舎で利用するならおすすめのWiFiは下記の3つです。

この記事でわかること
・田舎でも使えるポケット型WiFiは「プラチナバンドLTE」がカギ?
・田舎住みにはクラウドSIMのポケット型WiFiがおすすめ
・田舎住みに「WiMAX」の利用はおすすめできる?
・田舎住みの人必見!ポケット型WiFiを選ぶ際に比較すべき5つのポイント
・【厳選】田舎住みにおすすめ!人気のポケット型WiFi5選
・田舎住みの人は注意-ポケット型WiFiの速度が遅いときの対処法
・田舎住みの人がポケット型WiFiに申し込むには?利用開始までの流れを解説
・田舎向けのポケット型WiFiに関するよくある質問は?
【この記事の監修者】
通信系メディアディレクター 毛利浩一郎


通信系編集部ディレクター。通信系メディアの編集を3年以上経験しており、そこで得た通信のお得な情報をプロ目線で発信。ぜひ、この記事を読んでいただき、毎日の通信料金を安く、通信環境を快適にしてください!

  どこよりもWiFi ZEUS WiFi zeus wifi ロゴ MONSTER MOBILE モンスターモバイル ロゴ
月額料金 3,058円〜 980円~ 1,980円~
データ容量 100GB 20GB~100GB 20GB~100GB
通信速度(実測値) 平均上り速度:13.19Mbps
平均下り速度:20.73Mbps
平均上り速度:10.38Mbps
平均下り速度:16.94Mbps
平均上り速度:6.5Mbps
平均下り速度:13Mbps
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト
シンプルで安心設計の縛られないWiFi
縛られないWiFi

自宅で使える契約期間・違約金がない安心設計

総合評価:

  • 月額3,190円〜
  • ポケット型WiFi・置くだけWiFi両方申し込みできる!
  • 料金はずっと定額でシンプル!
  • データ量【無制限・50GB・30GB】から選べる!

>公式サイトはこちら

田舎でも使えるポケット型WiFiは「プラチナバンドLTE」がカギ?

田舎でも使えるポケット型WiFiは「プラチナバンドLTE」がカギ?

本来ならもっと周波数帯域の高い高周波のほうが一度に送受信できるデータ容量が増えます。

しかし、電波の伝わり方が直線的で、障害物に吸収されやすいです。

一方で、プラチナバンドLTEの周波数帯だと、障害物を回り込むような電波の伝わり方をするため、障害物の影響を受けにくいです。

ただ、これだけだとむしろ障害物の少ない田舎は高周波の周波数帯域を使ってもいいのではないかと疑問に感じてしまう方もいるはずです。

編集部
編集部

プラチナバンドLTEが田舎で望ましいと言われているもう1つの理由が基地局設置の費用の問題です。

高周波を出せる基地局を設置する場合、プラチナバンドLTEと同じエリアまで電波を飛ばそうとすると、最低でも3つの基地局を設置する必要があります。

それだけの基地局を設置しようとするとかなりの費用がかかってしまいます。

ですが、プラチナバンドLTEなら基地局1つで広範囲をカバーできるため、予算の限られた田舎ではプラチナバンドLTEしか対応していないエリアが多いです。

ちなみに、田舎でWiMAXの4Gを使おうとすると月7GBの制限、WiMAXの5Gを使おうとすると月15GBの制限がかけられてしまいます。※5Gの提供エリアは一部です。

田舎住みにはクラウドSIMのポケット型WiFiがおすすめ

田舎住みにはクラウドSIMのポケット型WiFiがおすすめ

編集部
編集部

田舎はプラチナバンドLTEを使ったポケット型WiFiがよいと説明しました。

そのポケット型WiFiに該当する代表的なものがクラウドSIMのポケット型WiFiです。

具体的にクラウドSIMのポケット型WiFiが田舎住みにおすすめできる理由として主に上記のものがあげられます。

1つずつみていきます。

理由①:auやドコモのプラチナバンドを使えるから

クラウドSIMはauやドコモのプラチナバンドが使えます

クラウドSIMはクラウドサーバー上でSIM情報を管理しており、そこで読み取ったSIM情報を基にインターネットを利用する仕組みのことです。

編集部
編集部

アクセスサーバーからクラウドSIMの位置情報を特定し、その近辺にある最適なSIM情報を読み取っています。

クラウドSIMで対応しているのは1つの回線だけでなく、大手キャリアのソフトバンク、ドコモ、auの3つの回線に対応しています。そして、ソフトバンク回線は他の2つの回線より周波数帯がやや高めで、利用可能エリアが狭いです。

つまり、クラウドSIMならソフトバンク回線以外の2つの回線で、広い範囲でインターネットが利用できます。

田舎に最適なプラチナバンドLTEはドコモやauであるため、それが自由に使いやすいクラウドSIMは田舎向きと言えます。

理由②:通信速度が安定しているから

編集部
編集部

クラウドSIMの通信速度はどれも比較的安定しています

ケット型WiFiの中には安定して100Mbps以上出せるものもありますが、外出先でスマホを利用する分にはそこまでの通信速度がなくても困ることはありません。

概ね下りの通信速度の実測値が20Mbpsを超えているものが多く、それだけ出せていればスマホで大抵のことはできます。

プラチナバンドLTEを使っていれば通信速度が安定しやすいため、田舎ならクラウドSIMが出せる通信速度で安定してインターネットが楽しめます。

理由③:プラチナバンドLTEを使える端末の中でも料金が安めだから

クラウドSIMはプラチナバンドLTEが使えるポケット型WiFiの中でも、かなり料金が安くて導入しやすいです。

編集部
編集部

一般的な大手のポケット型WiFiサービスだと、毎月4,000円以上かかるものが多いです。

しかし、クラウドSIMは料金プランのバリエーションが広く、自分に合ったデータ容量をお得な料金で利用できます。

たとえば、20GBの容量を2,000円あるいはそれより料金を抑えて利用したり、100GBの容量を3,000円台で利用したりすることが可能です。コスパのよさを考えると、クラウドSIMが圧倒的に優れていてかなりおすすめできます。

田舎住みに「WiMAX」の利用はおすすめできる?

田舎住みに「WiMAX」の利用はおすすめできる?

田舎住みにWiMAXの利用はおすすめできないというほど評価が悪いわけではないです。

実際、田舎でもWiMAXを使いやすいエリアがあります。

しかし、プラチナバンドLTEが使えるポケット型WiFiと比べ、圏外になってしまうエリアもそれなりに広いです。

唐突に通信が途切れてしまうこともあるため、エリア判定をして通信可能なエリアでしかWiMAXを使わないことがわかってから、WiMAXの契約を検討するのが望ましいです。

ちなみに、田舎の山の中ではほとんどつながらないため、そういったエリアでWiMAXを使うつもりの方にはおすすめできません。

編集部
編集部

ただ、縛られないWiFiならお得な料金でWiMAXのギガ放題プランが契約できます。

さらに、クラウドSIMのポケット型WiFiを取り扱っており、かつ解約時に負担も一切ないため、WiMAXに不満を感じたら クラウドSIMのポケット型WiFi に乗り換えやすいです。

気になる方は縛られないWiFiをチェックしてみてください。

田舎住みの人必見!ポケット型WiFiを選ぶ際に比較すべき5つのポイント

田舎住みの人必見!ポケット型WiFiを選ぶ際に比較すべき5つのポイント

編集部
編集部

ポケット型WiFiにはさまざまな種類があり、それぞれ違った特性があることがわかりました。

その内容を踏まえると、田舎住みの方は以下のポイントを基準に比較検討して契約先を決めるのが望ましいです。

1つずつみていきます。

クラウドSIM対応の端末を選ぶ

田舎でポケット型WiFiを使う方は、クラウドSIM対応の端末を第一候補として検討してください

編集部
編集部

クラウドSIMならプラチナバンドLTEに対応しているauやドコモの回線がお得な料金で利用できます。

通信速度はそこまで速くありませんが、少なくとも外出時に利用するインターネットの用途の範囲ならクラウドSIMで出せる通信速度で十分です。

クラウドSIMを取り扱うサービスは、一般的なポケット型WiFiサービスを取り扱うところよりもかなり多いです。

そのため、クラウドSIMを取り扱うサービスの中で、自分に合ったものを比較検討していく必要があります。

毎月使いたいデータ容量に応じた料金プランを選ぶ

クラウドSIMのポケット型WiFiを利用する場合だと特に意識しておいたほうがよい点ですが、毎月使いたいデータ容量に応じた料金プランを選びましょう

編集部
編集部

クラウドSIMのポケット型WiFiは、データ容量ごとに細かく料金プランが決められているケースが多いです。

WiMAXなどのように、データ容量が決まっているプランとデータ容量無制限プランの2通りしかないところは少ないです。
※データ容量無制限プランでも「3日で10GB以上を使うと速度制限」という場合もあるため、確認が必要です。

そのため、プランの選び方で毎月の料金が変わってきます

当然ながら、使えるデータ容量が大きいとそれだけ料金がかかるため、自分に合ったデータ容量のプランを選択することが重要です。改めて普段自分がどのくらいのデータ容量を消費しているのか確認してみてください。

ちなみに、1GBあれば以下のような用途でインターネットが利用できます。

利用用途 1GBでできること
LINEなどのトーク 約50万回
メールの送受信 約2,000通
画像の送受信 約2,000枚
ビデオ通話 約3時間
YouTubeの動画視聴(1080p 約1.5時間

映像コンテンツ以外の用途であれば、1GBでかなりのことができます。しかし、映像コンテンツを扱うとなると、データ容量が一気に消費され、短時間でかなりのデータ容量を消費してしまうこともあります。

上記の表を参考に、自分が毎月使っているデータ容量の目安を把握し、それに合った料金プランを選択しましょう。

事前に利用期間を決めてから選ぶ

事前に利用期間を決めておくと、契約するプランが選びやすくなります。

編集部
編集部

いくつかある料金プランの中でも、契約期間が2年や3年などに設定されているものが多いです。

その契約期間が自分に合ったものでないと、高い違約金の影響で無理にサービスを利用し続けることになってしまいます。

そうならないためにも、あらかじめどのくらいの期間使い続けるのか決めておいたほうがよいです。

最近では契約期間に縛りを設けないものも増えてきました。契約期間に縛りがない場合、いつ解約しても契約違反にはならないため、違約金を請求されることもありません。

どうしても違約金が気になってしまう方は、契約期間に縛りのない料金プランで契約することをおすすめしますただ、契約期間が決められているプランより月額料金が若干高い点に注意が必要です。

提供エリア内なのかを確認した上で選ぶ

先ほど提供エリアについての話をした際に少し触れましたが、どの回線を使っているのか、どういった種類のポケット型WiFiを使っているのかによって提供エリアが変わってきます。

そのため、契約するポケット型WiFiの提供しているエリアに自分の住む地域が入っているか確認しましょう

編集部
編集部

たとえば、auやドコモはプラチナバンドLTEであり、ソフトバンクよりも広いエリアに電波が飛ばせることを説明しました。

それだけでなく、クラウドSIMはWiMAXなどと違って海外のSIM情報まで取得可能で、海外でもそのままインターネットが利用できます。

田舎でのポケット型WiFiの利用だけでなく、海外に出張した際にインターネットを利用する場合にも、クラウドSIMがおすすめです。

お得なキャンペーンが実施されている端末を選ぶ

ポケット型WiFiサービスは、光回線サービスと同様にお得なキャンペーンが実施されているところが多いです。

少しでもお得に契約するためにも、お得なキャンペーンが実施されているところで契約しましょう。

たとえば、キャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引キャンペーンなどがあり、適用すれば他社よりも料金を大幅に安くすることも可能です。

一定期間利用することを想定し、月額料金と手数料、キャンペーンを合わせて総額費用を算出して複数社のサービスを比較してみてください。

編集部
編集部

そうすることで本当に自分にとってお得なポケット型WiFiサービスが見つけられます。

ちなみに、キャッシュバックには適用条件があって受け取れない場合もありますが、月額料金の割引は適用条件が優しくて適用させやすいです。そのため、月額料金の割引に力を入れているところで契約したほうが失敗のリスクが減らせます

【厳選】田舎住みにおすすめ!人気のポケット型WiFi9選

【厳選】田舎住みにおすすめ!人気のポケット型WiFi9選

田舎住みにおすすめの人気のポケット型WiFi
  • どこよりもWiFi
  • ZEUS WiFi
  • MONSTER MOBILE
  • MUGEN WiFi
  • Chat WiFi
  • クラウドWiFi
  • カシモWiMAX
  • THE WiFi
  • GMOとくとくBBWiMAX
編集部
編集部

ポケット型WiFiの選び方について触れたところで、田舎住みにおすすめのポケット型WiFiを紹介していきます。

主に上記の9つのポケット型WiFiがおすすめです。

これらのポケット型WiFiサービスの月額料金や通信速度などについて以下の表にまとめました。
※キャンペーンを反映した金額

  どこよりもWiFi ZEUS WiFi zeus wifi ロゴ MONSTER MOBILE モンスターモバイル ロゴ MUGEN WiFi MUGEN WiFi ロゴ Chat WiFi chat wifi ロゴ
月額料金 ・100GB:3,058円〜 <スタンダードプラン>
・ギガ並盛(30GB) 1~3ヵ月目:980円〜 (4ヶ月目以降:2,361円〜)
・ギガ大盛(50GB) 1~3ヶ月目:1,480円〜 (4ヶ月目以降:3,106円〜)
・ギガ特盛(100GB) 1~3ヶ月目:1,980円〜 (4ヶ月目以降:3,212円〜)
<フリープラン>
・ギガ並盛(30GB) :3,168円〜 ・ギガ大盛(50GB) :3,828円〜 ・ギガ特盛(100GB) :4,708円〜
<マンスリープラン>
・2年契約 20GB:1,980円〜 ・2年契約 50GB:2,530円〜 ・2年契約 100GB:2,948円〜
・縛りなし 20GB:2,640円〜 ・縛りなし 50GB:3,190円 〜・縛りなし 100GB:3,938円〜
3,328円〜 <ルータープラン>
・20GBプラン:2,280円〜 ・50GBプラン:2,600円〜・200GBプラン:4,690円〜
<SIMプラン>
・20GBプラン:2,100円〜 ・50GBプラン:3,180円〜 ・100GBプラン:3,520円〜
データ容量 100GB 20GB~100GB 20GB~100GB 100GB 20GB~200GB
通信速度(実測値) 平均上り速度:13.19Mbps
平均下り速度:20.73Mbps
平均上り速度:10.38Mbps
平均下り速度:16.94Mbps
平均上り速度:6.5Mbps
平均下り速度:13Mbps
平均上り速度:9.59Mbps
平均下り速度:16.63Mbps
平均上り速度:10.61Mbps
平均下り速度:20.37Mbps
初期費用 ・事務手数料:3,300円 ・事務手数料:3,300円 ・事務手数料:3,300円 ・事務手数料:3,300円 ・事務手数料:3,300〜7,700円
キャンペーン特典 なし ・神コスパキャンペーン ・セゾンカードデジタルタイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
・新生活応援初月50%OFFキャンペーン
・30日間お試しキャンペーン
契約期間 2年 2年 2年/なし なし 1年
解約違約金 2,508円 ・月額基本料1ヶ月 1,980円 0円 3,300円
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

この上記の表を基に、それぞれのポケット型WiFiサービスの特徴について解説していきます。

どこよりもWiFi:サービスに不満があれば値下げしてくれる

業界最安値クラス!どこよりもWiFi

・100GB使い放題でお得!
・契約後すぐに発送してくれる

 

 

【調査結果】

使用者数 72名
総合満足度(100点満点) 57.1点
月額料金の満足度(100点満点) 60.2
速度制限の満足度(100点満点) 62.8点
バッテリーの満足度(100点満点) 60.4点
キャンペーンの満足度(100点満点) 55.5点
繋がりやすさ(100点満点) 61.5点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

参照:どこよりもWiFi公式サイト

どこよりもWiFiはサービスに不満があれば値下げしてくれるポケット型WiFi

どこよりもWiFiはかなり強気な姿勢でサービスを提供しており、自社のサービスに自信を持っています。

そのため、他社よりも1円でも高いと感じたと報告があれば、月額料金の値下げに対応してくれます。他にこういった対応をしてくれるポケット型WiFiサービスはありません。

実際、サービスに不満を感じて解約する場合は、初期費用・月額料金・解約金のすべてを0円にしてくれます。

編集部
編集部

ただ、1GB以上データ容量を消費してしまっていると0円にしてくれなくなるため、乗り換えるなら早めの判断が大事になってきます。

また、以前は豊富な料金プランがありましたが、現在は100GBが3,058円で使えるプランのみとなっています。そのため、100GBも使わない方にはおすすめできません。

初月100GBで550円~利用できるどこよりもWiFiの詳細を見る

ZEUS WiFi:業界トップで月額料金が安い

お得なキャンペーンで月額料金がお得!ZEUS WiFi

・選べるプランの幅が広い
・クラウドSIMで通信が安定している

 

 

【調査結果】

使用者数 2名
総合満足度(100点満点) 80点
月額料金の満足度(100点満点) 55点
速度制限の満足度(100点満点) 80点
バッテリーの満足度(100点満点) 69点
キャンペーンの満足度(100点満点) 80点
繋がりやすさ(100点満点) 80点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

参照:ZEUS WiFi公式サイト

ZEUS WiFiは業界トップで月額料金を抑えて利用できるポケット型WiFiです。

編集部
編集部

プランによって変わってきますが、24カ月ほどの間月額料金が割引されます。

その割引価格も数百円程度のものではなく半額以上割引されるため、かなり料金が安くなります。

ギガ並盛については月額料金を1,000円以内に抑えることもできるため、とにかく料金の安さを意識するならZEUS WiFiの利用を検討してみてください。

ただ、月額料金の割引が適用されるのは契約期間に縛りのあるプランだけであるため、契約期間に縛りのあるプランの契約がおすすめです。

最大10ヵ月大幅値下げ実施中のZEUS WiFiの詳細を見る

MONSTER MOBILE:お試し利用ができる

最短即日発送してくれてすぐに使える!モンスターモバイル

・20〜100GBまで選択可能
・お試しキャンペーン実施中

 

 

【調査結果】

使用者数 31名
総合満足度(100点満点) 62.1点
月額料金の満足度(100点満点) 51点
速度制限の満足度(100点満点) 58.3点
バッテリーの満足度(100点満点) 60.1点
キャンペーンの満足度(100点満点) 57.4点
繋がりやすさ(100点満点) 59.2点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

参照:MONSTER MOBILE公式サイト

MONSTER MOBILEはお試し利用ができるポケット型WiFiサービスです。

ポケット型WiFiにはお試し利用ができるところが多くはないのですが、MONSTER MOBILEは14日間のお試し利用ができます

編集部
編集部

お試し利用ができると、ポケット型WiFiがどういったサービスで、実際はどのくらいの通信速度が出せるのかが実体験を通して把握できます。

そこが把握できると、実際に契約に進んでからサービスに不満を感じ、違約金を払って解約するというプロセスを踏まずに済みます。

まずはお試しでポケット型WiFiを利用してみたいという方は、MONSTER MOBILEを筆頭としたお試し利用に対応しているポケット型WiFiを利用してみてください。

また、MONSTER MOBILEは月額料金を抑えられるため、安定した月額料金の安さを求める方にもおすすめできます。

14日間お試し利用が可能なMONSTER MOBILEの詳細を見る

MUGEN WiFi:30日間お試し可能で自分にあったサービスかを判断できる

大手3大キャリア対応!MUGEN WiFi

・全国どこでも対応している
・30日間返金保証がついている

 

 

【調査結果】

使用者数 20名
総合満足度(100点満点) 66.5点
月額料金の満足度(100点満点) 64.2点
速度制限の満足度(100点満点) 55.8点
バッテリーの満足度(100点満点) 69.1点
キャンペーンの満足度(100点満点) 54.4点
繋がりやすさ(100点満点) 69.7点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

参照:MUGEN WiFi公式サイト

MUGEN WiFiは高額キャッシュバックがもらえるポケット型WiFiサービスです。

光回線サービスほどポケット型WiFiサービスにはキャッシュバックを実施するところは多くありません。

しかし、その中でもMUGEN WiFiは最大10,000円という高額なキャッシュバックを提供してくれます。
※2024年4月キャッシュバックは終了している

そのため、MUGEN WiFiは高額キャッシュバックをもらいたい方にかなりおすすめです。

また、MUGEN WiFiもお試し利用を実施しているサービスで、30日間もお試し利用ができます。

それに加え、契約期間の縛りもないため、お試し利用が終わってからも違約金を気にする必要がありません。

編集部
編集部

MUGEN WiFiを利用すれば、リスクを負うことなく自由に乗り換えることが可能です。

ただ、こちらの料金プランもシンプルな100GBのプランのみとなっているため、大きなデータ容量を必要としない方にはおすすめできません。

業界最安値級100GBで月額料金3,328円~のMUGEN WiFiの詳細を見る

Chat WiFi:最大200GBまで1カ月に使える

月額料金2,100円〜で使えるChat WiFi

・支払いはクレジットカードのみ
・1年契約と縛りなしプランがある

 

 

【調査結果】

使用者数 17名
総合満足度(100点満点) 51.9点
月額料金の満足度(100点満点) 51.2点
速度制限の満足度(100点満点) 56.2点
バッテリーの満足度(100点満点) 55.4点
キャンペーンの満足度(100点満点) 59.2点
繋がりやすさ(100点満点) 52.2点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

参照:Chat WiFi公式サイト

Chat WiFiは最大200GBまで1カ月に使えるポケット型WiFiサービスです。

たいていのポケット型WiFiサービスでは、多くても100GBのデータ容量までしか使えないところが多いです。

編集部
編集部

しかし、Chat WiFiは200GBまで使える料金プランも用意しています。

特に最近は動画コンテンツを1日に何時間も動画を見る方が増えつつあります。

そのため、1カ月100GBでは物足りないと感じる方も増えてきました。ですが、Chat WiFiは200GBまで使えるため、100GBでは物足りないという方におすすめです。

ちなみに、200GBあれば以下のようなことができます。

利用用途 200GBでできること
Netflix 約140時間
YouTube(360p) 約300時間
YouTube(720p) 約100時間
ビデオ通話 約140時間
LINEなどの音声通話 約4,500時間
ネットサーフィン 約24万回

 

YouTubeの動画を高画質で視聴しても1日3時間以上視聴できるため、毎日配信を見るような方にも向いています。Netflixでも1日4時間以上見られるため、映画をよく見る方にもおすすめです。

毎月のデータ容量の消費量が多い方はチェックしてみてください。

大手キャリアLTEで通信速度が安定しているChat WiFiの詳細を見る

クラウドWiFi:最大10台まで接続できる

月額料金2,580円〜で使える!クラウドWiFi

・世界134カ国で利用可能
・最大10台まで接続できる

 

 

【調査結果】

使用者数 10名
総合満足度(100点満点) 66.8点
月額料金の満足度(100点満点) 67.4点
速度制限の満足度(100点満点) 59点
バッテリーの満足度(100点満点) 67.5点
キャンペーンの満足度(100点満点) 58.2点
繋がりやすさ(100点満点) 69.5点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

クラウドWiFiは、日本で全国的に利用できるエリア対応力と安定した通信速度が特徴です。

田舎でも比較的安定して接続できており、料金プランも豊富に用意されているため、自分のライフスタイルに合わせてプランを選べます。

また、契約期間の縛りがないので自分の解約したいタイミングで解約できるのも特徴です。

編集部
編集部

田舎でも問題なく利用できますね!

カシモWiMAX:初月の月額料金が安い

初月1,408円〜できる!カシモWiMAX

・業界トップクラスに安い
・無制限で使い放題

 

 

【調査結果】

使用者数 11名
総合満足度(100点満点) 66.8点
月額料金の満足度(100点満点) 55.5点
速度制限の満足度(100点満点) 72.6点
バッテリーの満足度(100点満点) 73.2点
キャンペーンの満足度(100点満点) 48.5点
繋がりやすさ(100点満点) 62.7点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

カシモWiMAXは、田舎でも高速データ通信を実現できるのが魅力の一つです。

月額料金の安さと、速度制限もかかりにくいというポイントがユーザーにとっては魅力的に映るでしょうい。

初月1,408円〜で利用できる上に、違約金や端末代もかからないなど、費用を抑えたいというユーザーにとてもおすすめのサービスです。

サポートセンターや解約サポートなど、豊富な端末オプションがありユーザーは自分のニーズに合わせて契約できます。

編集部
編集部

田舎でテレワークを行う人でも問題なく利用できるでしょう。

THE WiFi:初期費用を抑えて契約できる

コストパフォーマンスに優れている!THE WiFi

・トリプルキャリア
・3ヶ月月額料金がかからない

 

 

【調査結果】

使用者数 3名
総合満足度(100点満点) 70点
月額料金の満足度(100点満点) 76.7点
速度制限の満足度(100点満点) 70点
バッテリーの満足度(100点満点) 63.3点
キャンペーンの満足度(100点満点) 36.7点
繋がりやすさ(100点満点) 56.7点
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

THE WiFiは、コスパパフォーマンスの良さが人気のポケットWiFiです。

THE WiFiを契約すると3ヶ月利用料金が無料になる上に、THE WiFiポイントが最大24,000ポイント付与されるなど特典が充実しています。

編集部
編集部

簡単な操作で利用できるので、初めてポケットWiFiを使用する方にもおすすめのサービスです。

GMOとくとくBBWiMAX:キャッシュバックが特徴

キャッシュバックが魅力的!GMOとくとくBB WiMAX

・最短即日発送
・工事不要で到着後すぐに使える

 

 

【調査結果

使用者数 41名
総合満足度(100点満点) 64.4点
月額料金の満足度(100点満点) 59.1点
速度制限の満足度(100点満点) 62.1点
バッテリーの満足度(100点満点) 63.3点
キャンペーンの満足度(100点満点) 56.2
繋がりやすさ(100点満点) 62.3
 
 
 
 

WiFiおすすめ.comで使用しているポケット型WiFiのアンケート・プランデータベース

GMOとくとくBB WiMAXは、田舎でも安定した通信速度で利用できるサービスです。

特にキャッシュバックが魅力で、他社からの乗り換えで最大67,000円のキャッシュバックを受け取れます。

また、最短即日発送で契約後短期間で使えて、契約期間の縛りもありません。

編集部
編集部

キャッシュバックに焦点をおいている人は、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

田舎住みの人は注意-ポケット型WiFiの速度が遅いときの対処法

田舎住みの人は注意-ポケット型WiFiの速度が遅いときの対処法

編集部
編集部

田舎に住んでいる方でポケット型WiFiを利用している際に、通信速度が遅くなってしまうこともあります。

そういった場合には上記の対処法を試してみると直る可能性があります

1つずつみていきます。

端末を再起動してみる

ポケット型WiFiだけに限る話ではありませんが、端末を再起動することで直る場合があります

端末の内部で軽い動作不良を起こしていたりすると、端末は正常に操作できるものの、本来出せるはずの通信速度が出せないことがあります。

編集部
編集部

それが通信速度が出せない原因の場合は、端末を再起動することで解消される場合があります。

また、クラウドSIMなら端末を再起動することで、より通信速度が安定した回線に接続し直すことも可能です。

端末の設置場所を変えてみる

ポケット型WiFiの端末を使う場所を変えてみることで通信が安定することもあります

たとえば、電波干渉を起こしやすい家具の近くやドアの近く、コンクリート素材を使ったマンションが立ち並ぶエリアでは、電波が受信しづらくて通信速度が低下することがあります。

編集部
編集部

そのため、通信速度が遅いと感じたら、以下のような場所に移動してみてください。

電波を受信しやすい場所
  • 窓際などの外が近い場所
  • 木造家屋の多いエリア
  • 高層ビル・マンションの少ないエリア

田舎の外のエリアなら、上記に該当している場所が多く、通信が安定しやすいです。

周波数帯を変更してみる

WiMAXなどの端末に限定されてしまいますが、周波数帯を変更することで通信が安定しやすくなります

WiMAXの周波数帯は2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯があり、高速通信が可能な5GHzでWiFi接続してインターネットを利用します。

しかし、高周波数帯の電波は安定感に欠けてしまうため、通信速度が普段より明らかに遅いなら、2.4GHzに切り替えることで通信速度が改善されることもあります。

ただ、近くに電子レンジなどの家電製品がある環境で利用する場合は、2.4GHzの周波数帯でインターネットを使おうとすると電波干渉を起こしてしまいます。

編集部
編集部

電子レンジは2.4GHzの周波数帯の電波を放っており、磁石の同じ極同士が反発し合うように、2.4GHzのポケット型WiFiの電波と相性が悪いです。

その場合は、電波干渉が起こらないように5GHzの周波数帯でインターネット接続を行いましょう。

有線接続してみる

外出先だと扱いづらくなってしまいますが、無線接続から有線接続に変えることで通信が安定しやすくなります

無線接続は電波を介して通信を行う仕組みとなっており、電波は空気中に漂うため、周辺の環境からの影響を受けやすいです。

編集部
編集部

ポケット型WiFiはクレードルという別売りの機器に端末をセットし、LANケーブルをつなぐことで有線接続が可能となります。

ただ、使用しているポケット型WiFiに適した規格のクレードルでないと有線接続できません。接続可能な規格のクレードルがどれなのかよく確認してからクレードルを購入しましょう。

田舎住みの人がポケット型WiFiに申し込むには?利用開始までの流れを解説

田舎住みの人がポケット型WiFiを申し込む手順
編集部
編集部

ポケットWi-Fiの利用開始手順の大きな流れはこのようになっています。

また、田舎に住んでいる方で、ポケット型WiFiを申し込もうという方は、以下の手順で利用開始の手続きを進めてください。

1つずつみていきます。

STEP① 提供エリアのチェック

編集部
編集部

まずは提供エリアのチェックから始めます

ポケット型WiFiの多くは提供エリアがかなり広く、光回線と違って特定の場所に設置して使うわけではないため、提供エリアが原因で契約できないといったことはありません。

それでも念のために提供エリアのチェックから始め、それから契約の申し込みに進んでいきます。

STEP②公式サイトから申し込み

提供エリアをチェックしたら、契約するポケット型WiFiの公式サイトで申し込みボタンをクリックします。

そこで、契約する料金プランや端末を選択し、氏名や住所などの個人情報・クレジットカードの支払情報などを入力しましょう。

入力した内容に間違いがないかチェックし、問題なければそのまま申し込みフォームを送信してください。そこまで終わったら申し込み完了です。

編集部
編集部

ちなみに、住所を間違えて入力してしまうと、端末が届くまでに時間がかかってしまうことがあります。

また、本人確認書類の提出が必要となっているところであれば、情報の不一致で審査に落ちてしまうこともあります。

住所などの個人は特に間違いがないかよくチェックしてください。

STEP③端末の受け取り

編集部
編集部

申し込みが完了したら、ポケット型WiFiの端末が発送されます。

端末が発送されたらそれを受け取り、初期設定を済ませるとインターネットが利用できるようになります。

端末を受け取る際にはポストには投函してくれないため、なるべく再配達にならないようにきちんと受け取りましょう。

また、初期設定についてはポケット型WiFi側は特に何も設定する必要はありません。端末のスイッチを入れればすぐに使えるようになります。

一方で、接続するスマホやタブレットなどのデバイスについては、WiFi設定からアクセスポイントの登録を済ませる必要があります。

WiFiのアクセスポイントの一覧を開き、その中から契約したポケット型WiFiのSSIDを選択します。そのSSIDに適したパスワードを入力すれば接続設定が完了します。

それ以降は毎回パスワードを入力しなくても、WiFi設定をオンにするだけで接続することが可能です。

ちなみに、SSIDとパスワードの情報は、ポケット型WiFiに付属しているセットアップシートなどに記載されています。大事な情報であるため、セットアップシートをなくさないように保管しましょう。

田舎向けのポケット型WiFiに関するよくある質問は?

田舎向けのポケット型WiFiに関するよくある質問は?

田舎向けのポケット型WiFiに関するよくある質問

田舎に住んでいる方でポケット型WiFiの契約を検討している方は意外と多いです。

実際、田舎で利用するのに適したポケット型WiFiがどれなのか気になっている方が多く見られました。

編集部
編集部

また、田舎向けのポケット型WiFiについてさまざまな質問がインターネット上で見られています。

今回は、その中でも特に質問されることの多かった以下の質問について回答していきます

1つずつみていきます。

ポケット型WiFiはどんな仕組みになっている?

ポケット型WiFiはスマホのLTE回線と仕組みがかなり似ています。

スマホは契約したキャリアが所有する基地局から飛ばした電波を受信し、そのままスマホでインターネットの利用ができます。

ポケット型WiFiも契約したプロバイダにある基地局から電波をポケット型WiFiに送ってもらい、ポケット型WiFiをWiFiルーターとして機能させています。

そして、有線あるいは無線でスマホやタブレット、PCに接続することで、そのデバイスでインターネットが利用できるようにしています。

編集部
編集部

スマホのデータ容量を増やせばよいのではないかと考える方もいますが、大手キャリアの料金プランでは数十ギガまでしか使えません。

ポケット型WiFiを経由することで、本来スマホだけでは利用できないデータ容量まで使えるようになります

ポケット型WiFiから直接電波が出ているわけではないことを押さえておきましょう。

ポケット型WiFiは圏外でも使えることはある?

ポケット型WiFiは圏外になってしまうと一切使えなくなってしまいます。

編集部
編集部

そのため、圏外になってしまったら元の状態に戻す必要があります。

ポケット型WiFiが圏外になっている原因としては、主に以下のものがあげられます。

ポケット型WiFiが圏外になる原因
  • ポケット型WiFiの設定に異常がある
  • 複数のデバイスに同時接続している
  • ポケット型WiFiに不具合が生じている
  • ポケット型WiFiの提供エリア外にいる

まずはポケット型WiFiの設定面を確認してみましょう。機内モードがオンになっていたり、データ通信機能がオフになっていたりするとインターネットは使えません。

そのため、それらの設定周りをいじってからそのままにしていないか確認してみてください

また、複数のデバイスに同時接続していると、回線が混雑してしまって通信速度が落ちてしまうこともあります。2、3台ほどなら大したことはありませんが、10台以上同時接続するとなるとそれなりに混雑してしまいます。

ポケット型WiFiはそこまで接続可能台数が多いわけではないため、多くの台数を接続しないように注意してください。他にも、ポケット型WiFiに不具合が生じているケースもあります。先ほども触れましたが再起動をかけたり、酷い場合は修理に出したりして対応しましょう。

あとはポケット型WiFiの提供エリア外にいる可能性もあります。気づかずにエリア外に出ている可能性もあるため、念のためチェックしてみてください。

ポケット型WiFiの電波がつながらない場所はどこがある?

ポケット型WiFiの電波がつながらない場所としては、以下のものがあげられます。

ポケット型WiFiの電波がつながらない場所
  • 海上、海底
  • サービス提供エリア外
  • コンクリート
  • 金属類で密閉された空間
  • 空の上
  • 地下

これらの場所では、地上からの電波をキャッチできなかったり、電波を通すことができなかったりしてなかなか電波がつながりません。

なかなか上記のような場所にいる機会はそう多くはありませんが、こういった場所にいる際にはインターネットの利用を避けましょう。

もし上記の場所以外で電波がつながらない状況になっているのであれば、場所以外の問題が原因になっている可能性があります。

編集部
編集部

場所以外の問題が原因になっているかもしれないと感じたら、何が原因で電波がつながらなくなっているのか、1つずつしらみつぶしに調べてみてください。

WiMAXとクラウドSIMの異なるポイントとは?

WiMAXとクラウドSIMは、通信規格に違いが存在します。

WiMAXが利用しているのは無線の通信技術を用いているのに対して、クラウドSIMが使っているのはLTE回線です。

編集部
編集部

クラウドSIMは、スマホと同じ回線を使っているんですね。

どちらも対応しているエリアは広いですが、クラウドSIMの方が広い傾向にあります。

一方、通信速度はWiMAXが優れています。対応エリアの広さと速度、どちらを重要視するかで選んでください。

登山・山間部などの環境で使う際におすすめポケット型WiFiは?

登山・山間部などの環境で使う際に、おすすめのポケット型WiFiはバッテリーが長く持つものがおすすめです。

登山などが趣味で日頃から山間部に行く機会が多い人にとっては、ポケット型WiFiのバッテリーが重要になります。

バッテリーが長く持ちするポケット型WiFiがあれば、登山だけではなく遠出の際も安心です。

編集部
編集部

また、電波の良さについても確認しておきましょう。

まとめ:田舎住みにおすすめのポケット型WiFiは「クラウドSIM」

まとめ:田舎住みにおすすめのポケット型WiFiは「クラウドSIM」

ポケット型WiFiにはさまざまな種類があり、もし田舎で利用するのであれば、プラチナバンドLTEに対応した回線が使えるクラウドSIMタイプが最もおすすめです。

田舎では高い周波数帯の基地局をいくつも設置することが難しく、高い周波数帯で快適にインターネットを利用できない場合があります。

プラチナバンドLTEの低い周波数帯に対応した基地局なら安価で設置しやすく、田舎だと特に障害物が都会より少ない分通信が安定しやすいです。

ただ、クラウドSIMを導入する場合は、通常のポケット型WiFiよりも端末のスペックが低く、最大通信速度がやや遅いです。

編集部
編集部

そういった点を理解した上で導入を検討してみてください。

ランキングの根拠・調査データ

この記事のランキングやおすすめしている商材は以下の項目を調査しランキング順位を決定しました。また、定期的にチェックをし確認をとっています(最終確認:2024年4月)

  1. WiFiおすすめ.com独自のユーザーアンケート調査結果
  2. WiFiおすすめ.com編集部によるプラン、キャンペーンの比較
  3. WiFiおすすめ.com独自のユーザー口コミ調査結果
  4. 監修者による評価

詳細:ポケット型WiFiで使用している商材データベース・アンケート

WiFiおすすめ.com編集部
WiFiおすすめ.com編集部
WiFiおすすめ.com 編集部

WiFiおすすめ.com編集部です。契約期間も違約金も縛りなしの「縛られないWiFi」を運営。WiFiのおすすめ情報を徹底リサーチして、わかりやすくネット選びをサポートします。

WiFiおすすめ.com 編集部をフォローする
おすすめ商材
縛られないWiFi
縛られないWiFiロゴ

30GB 2,970円〜から利用でき、縛れないコースと1年おトクコースの2種類があります。初めてポケット型WiFiを利用する人にもおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX

端末発送月1,089円〜で利用でき、auスマホ割プランやUQ mobileの自宅セット割があります。また、キャッシュバック額も充実しています。

WiFiレンタルどっとこむ
WiFiレンタルどっとこむ

空港で受取・返却できるだけでなく、コンビニでも受取可能です。1日440円〜できて、端末の種類も豊富なので自分の希望に沿った端末を見つけられます。

ポケット型WiFi・モバイルWiFi